The link at the date of the calendar is an entry.

にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ
にほんブログ村

ちょこっとだけ飛ばしてきたよ。
2017-04-21 Fri 16:37
 どもどーもー! Iで。 でございま~す!


 今日は2度目の更新です。 マルヨンの作り方、その2を見たい方は、既に更新済みですので、↓へ、ごぉ~~う!

 さてさて。 曇天ですが、飛ばせそうだったので、いつものココへ出撃してきました。

曇っていますね。 風もすこぉしあるね。

 む~ん風も・・・すこ~おし、あるみたいね。

貸切ぃ~って思ってたんですが・・・!?

 平日貸切ぃ~って思ってたのよね。この時は。

本日の1軍!

 んで、本日の1軍はコチラ。 修理上がりのエンテ2機と、 子供受けがよくって、ついついプレゼントしちゃう、「イカ転弐号」でございます。

本日の2軍!

 2軍は、前回の復習ってところかな? 紙の変形が起きて無かったらいいけどね。

まわるーまーまるーよイカ転が回るぅ~♪

 では、イカ転です。 いつもより多めに・・・・まわって・・・。

飛んで!飛んで!飛んで!飛んで!飛んでっ!

 あまり強いゴムだとダメなのよね。コイツって。

まわって!まわって!まわって!まわ~るぅ~うぅう~!

 イ~イカんじです。 

やっぱ180のがヨカゴタッ。

 今度の月曜日の島原例会、お題目機がエンテ200名なのよね。 んで、これで1機予備機追加できたってトコですかね。

このあと200も調整したヨン。

 「200」なんで、「180」の方は使えないけど、 一応持っていきます。

けんとうん14飛んでるトコ。 その1! 水平打ちから!

 お次はケントウン14。  やっぱ、オールペーパーのやつだと、軽い180㎏版のがイイ感じですね。

けんとうん14飛んでるトコ。 その2!

 225㎏のほうも、まずまず。 次回はTANゴムで飛ばしこんでみようかな。

遠足だって。

 と、なにやら小学生っぽい集団が・・・。 聞いてみると、遠足だそうです。 危ないので、隣へ移動します。

隣へ、ごうっ!

 こっちは空いてるみたいね。 と、この時は思ってたんですよね。

本日のベストショット!かな?

 最後に、ハンドを飛ばします。 例の双垂直のヤツね。

双垂直イイ感じバ~イ。

 まぁまぁってところかな。 でも、次の小学生っっぽい集団がコチラにもやってきちゃいました。 ので、今日は撤収です。



 そんなこんな。 明日もマルヨンの続きやるよ~! では、ば~い!びぃ~!
別窓 | 紙飛行機&フリーフライト | コメント:0 | トラックバック:0
F-104の作り方! その2!
2017-04-21 Fri 15:59
どもどーもー! Iで。 でございま~す!


 そーです! マルヨン、作り方、続き!行きますよ~! 今日は、いよいよ胴体です。

組立て5

 胴体へ行くその前に・・・、左右のエアインテイクと、キャノピー部分&増槽の尾翼部分を先に組み立てておきましょう。 ↑写真のように、

 それぞれの部品を切り出して、 折り曲げ&丸く曲げ癖をつけておきます。

 グレーの台形の部品は、インテイクの内側ですね。 なので、当然外側とは丸い曲げ癖を逆さに付けておきます。お間違えにないように~!

 また、小さい長方形の部品は、キャノピー部品のノリシロです。 キャノピー部品に切り込みを入れて、裏側から曲げながら、このノリシロを使って接着していきます。

組立て6

 ↑コ~ンな感じですね。 キャノピー部分は写真のように目玉クリップなどで乾くまで仮止めしておきます。 増槽の尾翼部分は出来れば接着後にヒノキ板などの端切れに挟んでおくといいでしょう。

 どれも次の工程に行くまで、よ~~~く乾かしてください!

組立て7

 良く乾いたのを確認したら、さらに曲げ癖を付けて形を整え、それぞれの余白の部分を切り落とします。

組立て8

 エアインテイク部品の裏側から、主翼を差し込む部分の切り込みをカッター&千枚通しで入れておきます。 

この作業は、くれぐれも、エアインテイク部品にしっかりと曲げ癖をつけ終わってから行ってください。 逆にすると、形がきれいに出来ませんのでご注意を~~!

組立て9

 お次はいよいよ胴体です。 機首と機尾の部品をそれぞれ切り出します。 ↑写真のように、一度余白を残しておいて、しっかり曲げ癖をつけておきましょう。

組立て10

  しっかりと曲げ癖がついた後で、細かい部分を切り落としていきます。 これまた逆の順番でやると、形が綺麗になりにくいのでご注意を~~~!!

組立て11

 お次は、のりしろ部品を先に半分だけ接着します。

 この紙は、ケンランボードの135㎏を使っていますが、より作り易いように強度の目の方向を胴体に対して縦になるように部品をレイアウトしています。 それでも、紙が戻ろうとする力が強いので、筒状の形を作る場合は、このように2段階に分けて作業する方が丸い胴体がきれいに出来るのです。

 同じ理由で、このノリシロが、しぃ~~~かり と! 乾くまで、次の作業は待って下さいね~!

 そうそう、写真左端の部品は、昨日作ってプレスしておいた、垂直尾翼の部品ですね。 余白を切り落とし、エッジ部分のサディングや、軽量化の肉抜き等をしておいてください。 この後、機尾の部品に接着しますよ~!

 そうそう。 そうそう! その垂直尾翼部品の接着ですが、精密に接着しやすいように、機尾の部品の内側に写真に様に↑ 鉛筆でガイドラインを引いておくことをお勧めします。 これで胴体に対して真直ぐに接着することが出来ますよ~!

組立て12

 ガイドラインを描いた位置に垂直尾翼を接着します。↑ 更に、 機首部品の内側にバランスウエイト用の部品も接着しておきます。 

は~い! では、のりしろ部品は、よ~く乾きましたか~? では、機首の1つ後ろ側の部品は、接着しておきましょう。 これまた乾くまで、目玉クリップで仮止めしておいてくださいね~!

組立て13

 機尾のノリシロと、垂直尾翼はしっかり接着できていますか? 出来ていたら、接着しましょう。 ↑ コレも目玉クリップで仮止めしておきます。

 機首部品の内側はコンな感じです。 ↑ ウエイト部品は一番奥まで入れて接着しますよ。

組立て14

 はい、では今日はココまでです。 明日はいよいよ仕上げですね。 その後最後に増槽とスタンドの組み立ていきましょうかねぇ。


 そんなこんな。  そうそう、今日ちょこっと飛ばしてきたんで、この後更に更新しますね~! では、ば~い!びぃ~!
別窓 | F-104の作り方! | コメント:0 | トラックバック:0
F-104の作り方! その1!
2017-04-20 Thu 14:52
どもどーもー! Iで。 でございま~す!


 突然ですが、アレやります。 ソーです。 お待たせいたしました。 F-104の作り方、やりますよー!

マルヨンだよ~!


 そーです! ↑ コレですね~! 例によって、作ってみたい方は、材料費(400円)&送料でお分けいたしま~す! 欲しい方は、メールでご連絡くださ~い! アドレスは左上のプロフのトコね。

準備! その1。

 ではでは・・・、 このコーナーではもうおなじみ、 まずは例によって、準備からですね。 使う道具などの紹介です。 胴体が丸いので、手じかにある丸い棒状のものが、太さが違うサイズで数種類あると重宝しますよ。 他にも、自分が使いやすい道具をご準備くださいね。

 まぁ、この辺は、ペーパークラフトやコノテの工作をやってる方は大丈夫ですね~!?

準備! その2。

 んで。 準備その2は、コレマタおなじみ!? のコレ↑ ソーです。 ラッカー塗装ですね。 組立て前に裏表1回づつやっておきます。

準備! その3。

 準備、続きましては、コレ↑ 折筋入れですね。 千枚通しで、山折り(青の点線)は表から、谷折り(赤の一点鎖線)は、千枚通しで線の両端に小さな穴をあけて裏側にトレスしてウラから折筋を入れていきます。 面倒どうですが、定規を使って出来るだけ正確に行ってください!

組立て!その1。

 さてさて。 ココから組立てです。 これまたもうおなじみのパターンですが、先ずは貼り合せでプレス時間がが必要な部品から制作していきます。 ↑のように部品を切り出してください。 折り曲げのパターンがあるので、写真のようにある程度の余白を残しておくと小さい折り曲げ部分も折り曲げやすいですよ。

組立て!その2。

 主翼、尾翼など、裏打ち部分を接着していきます。 ゴムフック部品だけは、↑写真の右下のように、内部の補強部品を先に接着しておいて、胴体側をカット、もう一つの部品の内側に接着してからプレスします。

組立て!その4。

 主翼や尾翼は大きな化粧板付の板等で、最低一晩ほどはプレスしておきます。 残りの小さな部品は、↑写真のように小さな板の切れ端などを利用して目玉クリップなどで挟んでおきます。

 今日はココまで。 続きはまた明日ね~!


 そんなこんな。 今回は、面倒ですが、翼端の増槽や展示スタンドの組み立てまでやりますよ~! では、ば~い!びぃ~!
別窓 | F-104の作り方! | コメント:0 | トラックバック:0
エンテばかり!?
2017-04-19 Wed 15:08
 どもどーもー! Iで。 でございま~す!


 まずはコチラ、今朝のお天気から。 ↓

ヨカ天気だけど風が強いのよね。

 今日の長崎もとってもいいお天気です。 でも風が強くて紙飛行機はムリそう。 んで、お散歩です。

 痛みは治まったものの、やはりまだ足の方は違和感が残っているようで、一度止めていた湿布を再開しました。

そうそう、 長崎では、つい先ほど地震がありました。 マグニチュード4.1と、低かったのですが、震源が橘湾で長崎市内から近かったので、結構揺れました。 熊本地震の余震でしょうか? でも、橘湾を震源地とする地震は今までなかったので、少し心配です。

エンテばかり!

 さて。 ヒコーキの方は、修理をしていました。 胴体や主翼など、数機ほど部品が破損していたエンテがあったので、それらを修理して復活させました。 このエンテのシリーズは、ホントにバリエーションがたくさんあります。

 残念ながら、まだまだ通常機にはタイムでは勝てませんが、獲得高度や返りの再現性も高く、気持ちよく飛ばせる機体です。
 商品化しているエンテは今のところ2種類ですが、どちらもおすすめです。 皆さんも1機作ってみませんか?


 そんなこんな。  では、ば~い!びぃ~!
別窓 | 紙飛行機&フリーフライト | コメント:0 | トラックバック:0
アレはまずまず。ソレはイマイチ。
2017-04-18 Tue 15:21
 どもどーもー! Iで。 でございま~す!


 昨日のアノ激しい雨にもかかわらず、晴れて風も弱くなりましたので、出撃してまいりましたよ。

風の強さはぎりぎり・・・かな?

 付きましたなごみの里。 でも思っていたほど風が弱いわけではなさそうです。 まぁギリギリ飛ばせるかな?ってところ。

まだ地面はぬかるんでそうです。

 しかも、昨日あれだけ降ったので、当然地面はぬかるんでそうです。

今日のメニュー!

 そんな本日のメニューはコチラ。

 出来たての「ケントウン14」3機と、昨日夜に双垂直尾翼化を仕込んでおいた、kh-1605ヒノキ胴のオバハン仕様です。

 他にも格納庫には数機はいってはいるのですが、今日はこの後更に風が強くなる予報なので、最低限のこのメンツってわけです。

出来たての「14」はドゲン? その1。

 風が気になるので、今日はゴム機から。 最初は225㎏オールペーパーの「14」から。 ・・・コレが苦労しました。 どうやら水平尾翼に変な癖がついていたようで、まともに飛びません。 ・・・やっとまともに飛ぶように、調整できはしましたが、ピンクゴムでやっとこ20秒ちょっとってトコ。 コレはキビシイ。 

出来たての「14」はドゲン? その2。

 んで。 180㎏の方と、ヒノキ胴の方は比較的簡単に調整完了。 どちらもピンクゴムで、安定して30秒くらいは飛んでくれる感じです。

 ・・・むむむ~? という事は、225㎏の全紙製の方は、水平尾翼の不良だけではなく、機体が重くなりすぎた&重心位置のせい!?  ・・・と考えられますね。 つまりは軽量化が必要ってわけです。 でも全紙製でソレはキビシイなぁ。

双垂直尾翼化したハンドはドゲン? その1。

 さてさて、とりあえずは次へ。 ハンドの方です。 因みに、双垂直尾翼にした紙には、先日の九州オープンでの頂き物のの、ケンランボード225㎏の赤色のものを使ってみました。 同じ厚みの白いヤツよりも、キモ~チ強度がありそうです。

双垂直尾翼化したハンドはドゲン? その2。

 ハンドを最初に投げる前に、必ず簡単な柔軟orストレッチをやるのですが、 ・・・アキレス腱を伸ばしてみると、例の左足の骨折部分はほとんど痛みが気になりません。

 こりゃいいや! 今日は久々に思いっきり投げれるぞ~! ・・・って思ってたんですよね。 この時までは・・・、 ソーです。 この後、皆さんの期待を裏切らない結果が待っていました。

 んで・・・。 1投目、ガッツリ左足を踏み込んで・・・、

 あっヴ、痛ァ~! 

 投げた人間の方とは裏腹に、ハンドの方はきれいに返って飛んでいきます。 そりゃいいんだけど・・・ねぇ。 イテテ・・・。

 ってわけで、マダマダ思いっきり投げるってわけにはいかないようです。 もうそろそろ1か月半・・・?は過ぎてるので、いい加減くっついてくれないかなぁ。 やっぱ2か月かかるのかなぁ? 骨折の経験者!?の方、何方かコメントお願いしますね~!



 そんなこんな。 明日はまたもや強風みたいです。 足、湿布貼ってますよ今は。 では、ば~い!びぃ~!
別窓 | 紙飛行機&フリーフライト | コメント:0 | トラックバック:0
BACK | イロモノ紙飛行機-I出屋 | NEXT