The link at the date of the calendar is an entry.

にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ
にほんブログ村

2014年春の九州オープンその2。
2014-03-24 Mon 16:45
 いやいやいや。 Iで。でございまーす。

 さて、では昨日の九州オープン、詳しくおつたえしますね。

筑後広域公園2

 昨日は朝5時起きで長崎を出発。筑後広域公園には8時半ごろ到着しました。

筑後広域公園1

 毎度そうですが、だんだん荷物が増えていきます。実際は競技用の機体だけしかいらないのに、つい、いろんな機体も飛ばしてみたくて持ってきてしまうんですよねぇ。 で、残念ながら、W400のゼロもあまり飛ばせませんでした。

 練習を始めようかとやってるうちに、他の皆さんもポツリポツリとご到着。

開会式

 んで開会式。 今回はイマイチ人数が少ないですね。まだ到着してない方もいるようです。

 30分後の十時半からゴムの自由機種の競技開始です。 それまでは練習、れんしゅー!

ケントウン飛行中

 私も早速練習開始。 4機用意してきたケントウンを最終テストですが・・・、止めておきゃあいいのに、練習最後に1度だけTANゴムで思いっきり引いて飛ばしてみようと思ったのがまずかった・・・。

 あっさり1機持ってかれちゃいました。=練習MAX。

 ちょー! 嫌な予感。

 今までのセオリーで行くと、練習MAXが出ちゃうと、本番ではどんなに条件が良くっても、MAX出ないんですよねぇー。

 まぁ例外もあるさ、・・・と気を取り直して、いよいよ本番に臨みましたが・・・!?


自由ゴム競技中1

 計測は1人5回。その合計で競い合います。 MAX記録60秒。 つまり、例え10分飛んでも最高は60秒で計算というコトです。

 さて、競技開始。 いきなりMAXか! みんなで空を見上げます。

 例の物質が来ているせいか、暖かくって風もなく絶好の紙飛行機日和ですが、高く上がっちゃうと機体がとても見えにくい日でした。

自由ゴム競技中2

 久々の参加、Tさんのショット。

自由ゴム競技中M田

 同じ長崎から来ました、Mさんのショット。 偶然ですが、機体も写りましたよ!

 私は、例の中空立体翼のケントウンと通常の主翼の2つを交互に飛ばしましたが、どちらもまずまずのタイムはでましたが、MAXは結局1度も無し。

 やはりこの法則が当てはまってしまう確率は、私の投げ失敗の確率と同じく、また、本番ダメダメの確率と同じく、高いようです。 

 人数は少ないはずですが、みなさん順調にMAXを出されるので全員が5回終わるのには結構な時間がかかっちゃいます。

 お昼を挟んで、ハンドランチと今回の規定種目、「くまモン型スーパー紙飛行機 とびっくま1号」。の競技です。

 この午後からの競技で悪夢の再来が・・・! 続きは明日の「その3」で!



 っということで、今日はココまで。 聞かれてないけど、今日の私の体は絶好調に筋肉痛です。 でーわ~!
スポンサーサイト
別窓 | 紙飛行機&フリーフライト | コメント:4 | トラックバック:0
<<2014年春の九州オープンその3。 | イロモノ紙飛行機-I出屋 | 2014年春の九州オープンその1。>>
この記事のコメント
練習MAXですか????
練習MAXですか、ついつい練習に力が入ってしまうんですよね。もう一回を止める勇気が必要です。
でも、ついついやっちゃいます。なぜなんでしょう??~か・・・
ゴム機だけでなくハンド機もですか・・・
私のハンド機も旋回の調整中に、ちょっと力が入ってしまい、本当に持っていかれてしまいました。でも無事に回収できて本当にらっきーでした。
2014-03-25 Tue 00:59 | URL | obihiropac #Ef720vvo[ 内容変更]
 まったく・・・です。
 記録にならないロストは悲しい。 競技終わってからならまだマシなんですがねぇ。
2014-03-25 Tue 07:12 | URL | I出くん #SFo5/nok[ 内容変更]

上級者さんでもときには、有るんですね。
なんか安心しました。
毎回と云っていいほど計測に入ると私はダメです。
きばりすぎなんでしょうね。
もう半分実力?とあきらめてますが。
2014-03-25 Tue 16:39 | URL | 丹波のじいさん #-[ 内容変更]
しょっちゅう。
 ほーーーーんとに、自分でもイヤになるくらい、本番ダメなんですよねぇ。 オリンピックのメダリストのメンタル面だけでも勉強したいもんです。
2014-03-25 Tue 17:06 | URL | I出くん #SFo5/nok[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| イロモノ紙飛行機-I出屋 |