FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.

にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ
にほんブログ村

立体胴・・・以下略。(その4)
2014-02-14 Fri 18:46
 どもどもー。Iで。です。

 今日、実はやっとコイツを鑑賞してまいりました。

やっとこ。

 もう始まって10分ほどから鼻水が。でも小説とは結構違う感じでしたね。私の好きなエピソードがカットされてたんで、ちょっと残念でした。 でも、レンタルが出たらまた見ちゃうんだろうな。

昔からあるのよね。

 そうそう、映画館まではお散歩も兼ねて、行きも帰りも歩いて行ったのですが、途中でコンナン発見。とはいっても、ココの車はカナーリ昔からあるんで知ってはいましたがね。 みぜっと と、後ろにはスバル360もありますね。


 さーて、ゼロの続き、行きますかね。 今日は・・・、そりゃあもう!めんどいですよ~!

尾部1

 垂直尾翼をプレスしておきたいので、先にこちらから。 まず、部品を切り出し曲げ癖を付けておきます。
写真のように垂直尾翼前部分に余白を残しておくこと! この部分はプレス乾燥完了後に改めてカットします。

尾部2

 写真のように組み立て、接着後にこのような大きさの木片でプレスしておきます。(垂直尾翼が隠れる大きさであれば他のものでも構いません。)丸棒やピンセットなどをうまいことつかってくださいね。 とくに・・・、

尾部3

 この部分(余白があるとこの内側。)が押しつぶされやすいので、補強を入れておきます。 このまま他の部品が組み立て終わるまでプレスしておきます。 

機首1

 次は機首のスピナー奥、カウリングの前ブタにあたる部分です。 エンジンがプリントされてるヤツ→のりしろがあるヤツ→真っ白なヤツの順番で接着。

機首2

 接着後、プレスしておきます。私の場合、垂直尾翼と一緒にプレスしちゃいます。(プレスしている板の大きさに余裕があるため。)

フック01

 さて、この部品の組み立てが一番面倒です。見たらわかりますよね。まずは切り出しです。まぁ、お気に入りの音楽でも聞きながらゆっくりじっくりやってください。 多分、カッターで切ることになるでしょうから、バリ取りも忘れずに。 (修行か!)

 上半分にはありませんが、積層した面を隠す細長い部品。これはフックを通す細長い穴を中央に空けなければいけません。
 んまー、面倒でしょ~? 完全に切り離す前に先にこの穴の部分からやっておくとやりやすいです。

 両端を千枚通しで小さい穴をあけておいて、カッタ―で1本線を入れます。その後、コレマタ千枚通しで裏側から穴を広げていく・・・というやり方が比較的楽でいいです。 (いやいや十分メンドイ)

フック02

 んで、写真のように内側部品は4枚~5枚ほどで一度貼り分けてから全体を貼り込む・・・という流れで組んでいくといいでしょう。 この積層部分が良く乾いてから・・・、最後にヤスリ掛けをしたのち、先程のめんどくさい穴をあけた部品をピンセットなどを駆使して貼りつけてください。

 面倒な作りですが、この部分が一番壊れやすいので、頑丈に作っておく必要があるのです。頑張ってくださいね。

 次もめんどいけど・・・。

スピナ1

 ここも、ち~さい部品が多いので、切り出しだけでも面倒なとこですね。 それぞれの部品を切り出したら、曲げ癖を付けて(爪楊枝の先端や千枚通しがやりやすいですよ。)、スピナーの一番前につく小さな丸い部品には消しゴムの上で(九単の時にもやった同じ方法)BB弾付けた丸棒で、半球体の曲げ癖を付けておいてください。

スピナ2

 それぞれを接着します。円錐の部品は内側に入る補強部品ですが、コレを接着するときはセメCで内側が埋まってしまうぐらい、たっぷりセメCを付けてください。それだけでウエイト兼補強になります。

風防1

 さっ、次の面倒な作業はコレ。 キャノピーですね。 まずは切り出し&曲げ癖。

風防2

 のりしろは内側から写真のように接着。クリップで固定しておいて、乾いた後で余分な部分をカットします。



 今日はココまで。 取りあえず一番面倒なとこは終わりましたよ。 次は胴体ですね。 でーわ~!
スポンサーサイト



別窓 | Iで。判!ゼロ戦の作り方! | コメント:0 | トラックバック:0
<<立体ど・・・以下略(その5) | イロモノ紙飛行機-I出屋 | 立体胴紙飛行機 零式艦上戦闘機21型 Iで。判 作り方。(その3)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| イロモノ紙飛行機-I出屋 |