FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.

にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ
にほんブログ村

例会で気付いた事&お買いもの。
2012-09-04 Tue 19:13
 ってほどでもないんですがね。 じつは。

 なにが? そうですね。 では。

 S所長もブログで言ってたことなのですが、先日の佐賀例会でM岡さん&M本さんの圧倒的な獲得高度に改めて思い知らされたわけです。 ただ、少し気になることも言っておられました。

 M岡さん 「ゴム2本からゴム3本の高さの違いは感じたけど、ゴム3本からゴム4本はあんまり差がないね。」

 とのこと。 使ってるゴムは多分、TANスーパースポーツ1.6㎜なんでしょうが、それを2~4本(1本の長さは多分50cmぐらいでしょう。)というコトです。

参考になるのかこの写真?

 写真「展示用」は本日¥100ショップで購入したPOPホルダーというもの。紙飛行機の展示用にと思いましたが、両方クリップになってる方が良かった。 無駄使いだったかも。

 写真 「1」はTANスーパースポーツ3.2㎜、
    「2」はTANスーパースポーツ1.6㎜1本、
    「3」は皆さんご存知、ホワイトウイングス用ピンクゴム2本。
    「4」は昔のホワイトウイングスのゴム(通称AGゴム?)なんですが、

 何が言いたいかというと、いくら強いゴムを使っても、「使う人がそれをフルに引く力が無ければゴムを強くしてもその効果はない」というコト。 えっ?今頃気付いたのかって? 「・・・・・」 よく言われます。

 まあそれは 置いといて ですよぉ、もちろん、ゴムの事だけでなく、機体制作の技術、や調整の技術、もあるんでしょうが、 それを抜きにしても、要はここでも「体力」ってことなのか? ってことです。

 とはいうものの、M岡さんは紙飛行機をやる方では若い方でしょうからいいとして、同じくらいいつも高く上げるM本さんは(ご高齢なんで、)体力的にそんなに力が強いとは考えにくいでしょう? (まれに年齢関係なく力が強い方はいらっしゃいますが・・・。) 

 というコトは、やはり、全体の(機体制作の技術、より軽く丈夫な機体、調整の技術、気象条件を読む技術等・・・)バランスなのでしょうかね? で、さらに、「ゴムを絶妙の力で引く技術」もあるのではないか?と思うわけです。

 昔、どなたかに教えて頂いたことなんですが、例えば、AGゴムでも、そのゴムの持ってるテンションギリギリまで(要はこれ以上ひくと切れるトコ)引く力と技術があるかってことです。 もしこれが完ぺきな方が居たら、ゴムは飛ばすたびに変えているはずなんでしょうがね。(2度目は切れるから。)

 これからはそれを踏まえて「紙飛行機道」精進していこうと思ってるわけです。(大げさかなぁ。)
いやいや、毎度のことながら、紙飛行機、奥が深いですねぇ~。


 さて、お話変わりまして。 次はコレ。

今日のお買いもの2

 「1」は 最近あちこち壊れ始めた紙飛行機用ハンガーを新調しようと購入。
 「2」はコレマタその新型ハンガー用のパーツ。
 「3」は・・・ちょこっと前、記事にした、上級者用ゴム動力機キットの主翼を製作するための制作専用台に・・・と思ったのですが、おしい! 板の長さが、 あと5cm ほど足りませんでした。トホホ~。 またもや無駄ズカイになってもーた―! いつになったら作り始められるのか~?

 と、今日はコンナンでした。 でーわ~!

スポンサーサイト



別窓 | 紙飛行機&フリーフライト | コメント:2 | トラックバック:0
<<先日の豪雨で。 | イロモノ紙飛行機-I出屋 | 佐賀9月例会>>
この記事のコメント
ゴムを引く技術
実は所長もゴムを引くことについて思うことがありますね。初心者の頃より同じ1.6mmでも高度がかなり違います。初心者の皆さんからも言われます。しかし所長はM本さんにはかなわないと思います。
これはやっぱり技術ですよ。
2012-09-04 Tue 20:16 | URL | 技術研究所所長 #-[ 内容変更]
やはり?
 この辺は経験のなせる業・・・なんでしょうか? センスもあると思います。 紙飛行機やってる年数なら負けて無いはずなんですがね。 やはり総合力だと思います。 良く飛ばす方はすべてにおいてレベルが違うんですね。 やはり精進あるのみ!
2012-09-05 Wed 09:09 | URL | I出くん #SFo5/nok[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| イロモノ紙飛行機-I出屋 |