FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.

にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ
にほんブログ村

~21日まで。 だいぶサボってたな~。その2! 15日から21日まで!
2020-04-22 Wed 10:04
 どもどーもー! Iで。でございま~す。


 引き続き、サボってたシリーズ、その2! です。 ~21日までですね・・・。

15日お散歩

 んで、15日は、久々のお散歩。

 飛ばせない日が続くと、流石に運動不足になっちゃうので、やはりお散歩は健康維持の面でも有効です。 

14日ネコ発見1

 因みに、14日のお散歩でも・・・、ネコ発見。

15日ネコ発見

 もちろん、15日のお散歩でも、ネコ発見。

 最近のお散歩は、目標歩数が5000歩なんで、ほぼいつも同じコースです。 以前は1~2時間かけてかなり遠くまでいって1万ぽ超える日もありましたが、 流石に何年もお散歩してくると飽きてくるし、体もあちこち悲鳴を上げてきます。

 そして悲しいことですが、歩いている歩行者に対しての車のマナーの悪さ・・・。 

 お散歩してる人にしかわかりませんが、ここ10年で、私も数回の交通事故未満に遭遇しました。 その恐怖感もあって、年々お散歩も縮小してきちゃったんですよねぇ~。 当たり前ですが、歩行者優先ですよ。

 とはいえ、車側に立ってみると、歩行者の中にも、例えば、堂々と道の中央をゆっくり歩くおじいさんとか、明らかに故意に車の通行を邪魔する方もいらしゃいますよね。 いくら歩行者優先といえども、そういった行き過ぎはやはり考え物です。 どちらも経験のある今の私にはどちらの気持ちもわかりますけど・・・ね。 

 歩行者、車、にかかわらず、バイク側、トラック側の視点というのもあります。 それぞれ全部を体験してくれとまでは言えませんが、そのつもりで考えることは出来ると思います。 トラックドライバーって、イメージ的には強面のおっさんで、ぶっきらぼうで・・・・、みたいなイメージがありますが、実際に求められるその運転技術は繊細で精密だし、ものすご~~~く、気が長~~い気持ちでないと務まらない仕事だと思いますよ・・・。 


 失礼しました。つい長くなってしまいました…。

ので、どちらも反省すべき点は多いのです。 皆さんもぜひこの問題は考えてみてください。


16日百花台公園2

 んで、16日。 この日は延期になった4月度の島原例会の代わりの、「練習会」を、百花台公園で行いました。

16日非対称先尾翼機2機

 この日は、さらに増産した「非対称先尾翼機」を調整。 2機目のゴム専用に特化した機体より、1機目の現場突貫改造機の方が驚く飛びを見せてくれました。 

 その模様も、動画で・・・↓


 んで。 さらに、お散歩です。 

21日ネコ発見1

 実は最近車を変えました。 またもや軽自動車ですが・・・。 んで、その新車を転がして、ついでにお散歩もすべく、近所の片渕公園へ。

 ハンドの1機でも乗せとくんだったなぁ~って思ってたら・・・、ネコ発見。 

21日ネコ発見2

 さらに、ネコ発見。 っていうか、これは、公園の外周を歩いての、2週目まで わかりませんでした・・・。


22日LHLリビングハンドランチグライダー

 さてさて、皆さん、外出自粛で暇を持て余していらっしゃるのでは?

 フェイスブックでは、そんなご時世を反映してか、「リビンググライダー」なるものが多数投稿されています。

 FF好きの私も、つい乗っかってしまいました・・・。ってわけです。


 んで、↑がそうなんですが・・・、

 最新の動画では、30秒越えのウルトラライトプレーンの技術を応用した機体が出て来てます。 ・・・が、私はもっとユル~ク楽しみたいので、新たに ご提案を兼ねて・・・。 

 一番上のヤツがそうなんですが、その名も、「どうぶつグライダー」です。 詳しくは、次回の更新にて!?

22日リビングラバーバンドプレーン

 もう一つ、ついでに提案・・・。 リビング ラバーバンド ライトプレーン とでも言いましょうか? 課題は、一番よく目にするであろう「No.6」というサイズの輪ゴム1本。 で、リビングを、とりあえず1周できること。 ・・・位がユル~クて いいでしょ? 


 ではでは、今回の動画で~す!

 


 そんなこんな。  では、ば~い!びぃ~!
スポンサーサイト



別窓 | 紙飛行機&フリーフライト | コメント:0 | トラックバック:0
<<どうぶつヒコーキの作り方~! | イロモノ紙飛行機-I出屋 | ~21日まで。 だいぶサボってたな~。その1! まずは、11日まで。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| イロモノ紙飛行機-I出屋 |