FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.

にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ
にほんブログ村

スチレンF-105の作り方。その1&昨日の動画。
2018-07-27 Fri 15:09
 どもどーもー! Iで。 でございま~す!


 今TVでもしきりにやってますが、台風12号、気になりますね。

 今回台風は、いつもの違って関東方面から逆に西方面に進んでくるし、何よりも雨の量が心配です。

 後、ヒコーキ付きには毎年楽しみな、「鳥コン」がある日程と場所に思いっきりかぶることもあってそちらも開催がどうなるか気になりますね。

 さてさて、そんな今日もまずはコチラから・・・。

今日も暑いね。

 今日も暑いので、朝からと夕方に分けてお散歩に行こうという計画です。

ネコ発見。

 いつものネコポイント近くの駐車場にて、ネコ発見。 最近は暑すぎてまったく見かけなかったんですが、やっと見つけました。 でもほぼ見えませんね。

F-105の作り方。その1。 2機目、今度は光沢紙です。

 さてさて、最近はまってるスチレン機、先日飛ばした修理上がりのF-105もそうですが、2機目を作ることにしました。

 今度は光沢紙でチャレンジです。 もちろん、わずかですが、主尾翼なども若干図面を修正しています。

 まずは3面図から作りだした図面をプリントアウト。↑ そして2㎜のダイソースチレンボードと、今回は最初から補強の2㎜のヒノキ角材も用意しておきます。

 ヒコーキの図面はネットから探せるし、上の材料も比較的簡単に入手できると思いますので、他のヒコーキでも是非お試しくださいね。

F-105の作り方。その2。

 まずは大まかに切り分け。 翼の部分はすでに張り込みまで済ませておきます。 胴体は両面貼りなので、スチレンボードは結構節約できますよ。 

F-105の作り方。その3。

 胴体のシールを貼り込む前に、大体の位置合わせをした後、補強の2㎜ヒノキ角材を切り分けた後に接着します。

F-105の作り方。その4。

 もちろん、接着の際はスチレン用(発泡スチロール用の接着剤。)のものをご使用くださいね。 因みに、↑のスチレン用接着剤も¥100ショップで入手できますよ。 おまけに乾くのが早いので重宝しています。

F-105の作り方。その5。

 図面にあらかじめガイドの2㎜のラインを入れておいて、それと貼り合わせた2㎜ヒノキ角材を合わせて慎重に胴体シールを貼り込みます。

F-105の作り方。その6。

 先端のはみ出た角材の部分だけ切り落とします。 この部分は裏側と合わせて貼り込みガイドになるので、長さを裏側としっかり合わせておきます。

 今日はここまで。 では、昨日の動画を~!

 


 そんなこんな。 明日も続きやりますよ~! では、ば~い!びぃ~!
スポンサーサイト
別窓 | つくりかた。 | コメント:0 | トラックバック:0
<<スチレンF-105の作り方。その2。 | イロモノ紙飛行機-I出屋 | 暑くて1時間が限界です。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| イロモノ紙飛行機-I出屋 |