FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.

にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ
にほんブログ村

2017年、京都旅行レポート! その3!
2017-11-28 Tue 08:00
 どもどーもー! Iで。 でごいざいま~す!


 いやいやいや。 昨日はどうもサボってしまいまして失礼しました。

 実は、旅行の帰りしなの新幹線の中でどうやら風邪のお土産ももらってきてしまたようで、昨日は歯医者さんとそちら系の病院梯子しておりました。

 んで、その京都旅行、まだまだ続きますよ~! では早速、

東福寺、その1!

 3日目のアサイチの目的地はコチラ、「東福寺」だったんですが、この周りはどうやら特別混雑する場所らしく、タクシーは規制されていたためいつもの道やいつもの駐車場に止められず、一番近い場所で降りて歩いてまいりました。

東福寺、その2!

 そして、敷地内にたどり着くと、その理由に納得・・・、ものすごい人の数です!

東福寺、その3!

 ↑ 敷地内の順路はすべてこんな感じで、たとえるなら、丁度「満員電車」の状態。

東福寺、その4!

 こんな状態でまともに拝観できるはずもなく、ただただカメラのシャッターだけは切っていましたが・・・。

東福寺、その5!

 何しろ、半歩づつくらいしか進めない状態。 コレ、将棋倒しもあり得るよなぁって、かなり怖かったですね。

東福寺、その6!

 んで、ようやく抜け出せました。 お寺だけに、修行なのか!? んまぁ、でも、それだけ人気の場所だってことはよ~く分かりましたけどね。

京都御所! その1!

 お次は「京都御所」 こちらは敷地もかなり広いし、余裕を持って見て回れました。

京都御所! その2!

 っていうか、さっきのトコがあまりにひどかったんで、それだけでもうちょっとした幸福感です。

京都御所! その3!

 にしても、広いですね~! でかいですね~。 流石、天皇陛下のお住まい。

京都御所! その4!

 お客さんも多いのですが、広いこともあって余裕で回れますね。 まぁ多いといっても、先ほどの東大寺ほどではなさそうでしたが。

京都御所! その5!

 他の名所でもそうでしたが、今京都ではこういった施設の修復作業があちこちであっている様子ですね。

京都御所! その6!

 清水寺もその一つで、有名な「舞台」の部分も、すっぽり修復中の囲いでおおわれているのを地元のTVでも見掛けました。
野で、今回はそちらは見送りです。 もちろん、それでもあちらは名所中の名所なんで、人も多いでしょうからね。

京都御所! その7!

 まぁこんな感じで、御所はゆっくり見て回れました。

上賀茂神社、その1!

 んで、お次は、「上賀茂神社」 ですね。 この後行きました、下賀茂神社もそうですが、時期的に七五三や結婚式が多かったですね。 

上賀茂神社、その2!

 かわいらしい着物の参拝客や、モデルさんのようにきれいなお嫁さんもいらっしゃいまして、別の意味で目の保養?になりましたよ。

上賀茂神社、その3!
上賀茂神社、その4!
上賀茂神社、その5!
上賀茂神社、その6!

 上賀茂神社はコンナ感じで、お次は・・・、

下賀茂神社、その1!

 下賀茂神社です。

下賀茂神社、その2!
下賀茂神社、その3!

 こちらは、縁結びの神様だとか・・・。 やはり女性の方が多いですね。

下賀茂神社、その4!

 そうそう、写真ではお天気良さそうに見えますが、この時は小雨が降っていたんですよね。 そうです。「狐の嫁入り」ってやつですよ。 偶然にしては出来過ぎでしょう~!

下賀茂神社、その5!

 これ。 「君が代」に出てくる石だとか・・・ いろんないわれがあるものがありますよね。

下賀茂神社、その6!

 神社内では、馬車に乗れるサービスも。 結構乗ってましたね。 そうそう、ウマといえば、上賀茂神社の方には、真っ白な馬、「神馬」が居ましたよ。 「お気持ち」程度のお賽銭で人参のえさやり体験やってましたよ。 

 でも、見るお客さんばっかで、なかなか人参が貰えてなかったのか、お馬様は目の前に置いてるにんじんは欲しくてしょうがないのか、激しいヘッドバンギングしていたのがチョッチ笑えました。



 そんなこんな。 「その4」に続きます。 次回で終わりですので、今しばらくおつきあいくださ~い! では、ば~い!びぃ~!
スポンサーサイト



別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0
<<2017年、京都旅行レポート! その4! | イロモノ紙飛行機-I出屋 | 2017年、京都旅行レポート! その2!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| イロモノ紙飛行機-I出屋 |