The link at the date of the calendar is an entry.

にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ
にほんブログ村

F-104の作り方! その4!
2017-04-23 Sun 14:48
 どもどーもー! Iで。 でございま~す!


 さてさて。 マルヨンの組み立て方、いよいよ本日は最後です! 気合入れていきましょう~!?

組立て27

 最後は翼端の増槽と転用のスタンドの組み立てを残すのみですね。 では、早速、増槽の方から組み立てていきましょう~!

 ↑まずは例によって部品の切り出しですね。 細かい部品ですので、無くさないように注意してください。 増槽用の尾翼もプレスから出しておきます。

組立て28

 例によって、丸棒にて丸く曲げ癖と折り曲げを付けてから、それぞれの部品を綺麗に切り出してください。 
垂直尾翼の方には切り込みを入れるのもお忘れなく~!

組立て29

 尾翼は差し込んでイモ付します。 タンクの方はそれぞれの部品を丸めて接着します。 前後の尖った部分は千枚通しや爪楊枝等でコマか買う曲げ癖をつけておくといいでしょう。

 どれも部品&のりしろが小さいので、ピンセットなどを使ってしっかり接着してください。

 だだし、タンク中央部分の、ノリシロ(内側に曲げる)部分には、接着剤を付けないようにご注意ください! ココに主翼を差し込むので、接着剤で閉じてしまっては、元も子もありませんよ~! この部分は、↑写真のように、完成するまでマスキングテープで仮止めしておくといいでしょう。

組立て30

 それぞれの部品を接着します。 タンク後端の部分は、外側から接着しようとすると、うまくいかないので、先端部品の方をその前の部品の内側から押し込んで接着するとうまくいきますよ。

 この後尾翼を接着するために、後端に切り込みを入れますが、この部分がよ~~~く乾かないとうまくいかないので、先にスタンドの方を組み立てましょう。

組立て31

 各部品を切り出します。 もう残ってる部品はコレだけですから間違えることはないと思いますが・・・!?ね。

組立て32

 それぞれ、例によって、折り曲げをしつつ、細かくきれいに余白を切り落としていきます。

組立て33

 白いひし形の部品は、スタンド台座の補強部品です。 コレを↑写真のように、台座の内側から接着します。

組立て34

 ↑写真のように、支柱部品と、上部台座部品を接着します。 

組立て35

 下の部品も接着すると、スタンドは完成です。 このスタンド、似たような大きさの紙飛行機であれば、他の機体でも乗せることが出来ますので、お試しくださ~い!

組立て36

 増槽最後の工程です。 良く乾いたのを確認したら、後ろの部分↑に、カッターで切り込みを入れていきます。

 ココに尾翼をイモ付したら完成です。

組立て37

  マスキングテープを剥して、 カッターなどで隙間を軽く広げて↑写真のように 何か紙を差し込んで確認してみてください。

組立て38

 さてさて、本体の方は、先日も説明済みですが、完成後のラッカー塗装を行います。 最低でも2回は塗装した方が良いでしょう。

完成! その1!

 これで全ての部品が完成しました~! 

 フライトモデルにする場合は、必ず先端にゴムスポンジをつけて、広い場所で周りに人が居ないかよ~~~く確認してから飛ばしてくださいね~! この機体は、特に先端が尖っているし、ほぼ真直ぐにしか飛ばないので、特に注意が必要です!  

完成!! その2!

 ディスプレイモデルで割り切る方は、特に先端のゴムスポンジは付けなくてもいいでしょう。 翼端に増槽をつけたら完成で~す!

 お疲れ様で~す! くれぐれも、飛ばすときにはご注意ください。 そうそう、宙返りした場合(右下の、こんな風にならないように!)は・・・、「自分も注意!」ですね。 


 そんなこんな。 さあっ! いよいよ明日は島原例会で~す! お天気はドゲン? では、ば~い!びぃ~!
スポンサーサイト
別窓 | F-104の作り方! | コメント:0 | トラックバック:0
<<4月度島原例会に行ってきました~! ラジオの取材もあったのよ~! | イロモノ紙飛行機-I出屋 | 今日もちょこっと増産です。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| イロモノ紙飛行機-I出屋 |