The link at the date of the calendar is an entry.

にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ
にほんブログ村

F-104の作り方! その2!
2017-04-21 Fri 15:59
どもどーもー! Iで。 でございま~す!


 そーです! マルヨン、作り方、続き!行きますよ~! 今日は、いよいよ胴体です。

組立て5

 胴体へ行くその前に・・・、左右のエアインテイクと、キャノピー部分&増槽の尾翼部分を先に組み立てておきましょう。 ↑写真のように、

 それぞれの部品を切り出して、 折り曲げ&丸く曲げ癖をつけておきます。

 グレーの台形の部品は、インテイクの内側ですね。 なので、当然外側とは丸い曲げ癖を逆さに付けておきます。お間違えにないように~!

 また、小さい長方形の部品は、キャノピー部品のノリシロです。 キャノピー部品に切り込みを入れて、裏側から曲げながら、このノリシロを使って接着していきます。

組立て6

 ↑コ~ンな感じですね。 キャノピー部分は写真のように目玉クリップなどで乾くまで仮止めしておきます。 増槽の尾翼部分は出来れば接着後にヒノキ板などの端切れに挟んでおくといいでしょう。

 どれも次の工程に行くまで、よ~~~く乾かしてください!

組立て7

 良く乾いたのを確認したら、さらに曲げ癖を付けて形を整え、それぞれの余白の部分を切り落とします。

組立て8

 エアインテイク部品の裏側から、主翼を差し込む部分の切り込みをカッター&千枚通しで入れておきます。 

この作業は、くれぐれも、エアインテイク部品にしっかりと曲げ癖をつけ終わってから行ってください。 逆にすると、形がきれいに出来ませんのでご注意を~~!

組立て9

 お次はいよいよ胴体です。 機首と機尾の部品をそれぞれ切り出します。 ↑写真のように、一度余白を残しておいて、しっかり曲げ癖をつけておきましょう。

組立て10

  しっかりと曲げ癖がついた後で、細かい部分を切り落としていきます。 これまた逆の順番でやると、形が綺麗になりにくいのでご注意を~~~!!

組立て11

 お次は、のりしろ部品を先に半分だけ接着します。

 この紙は、ケンランボードの135㎏を使っていますが、より作り易いように強度の目の方向を胴体に対して縦になるように部品をレイアウトしています。 それでも、紙が戻ろうとする力が強いので、筒状の形を作る場合は、このように2段階に分けて作業する方が丸い胴体がきれいに出来るのです。

 同じ理由で、このノリシロが、しぃ~~~かり と! 乾くまで、次の作業は待って下さいね~!

 そうそう、写真左端の部品は、昨日作ってプレスしておいた、垂直尾翼の部品ですね。 余白を切り落とし、エッジ部分のサディングや、軽量化の肉抜き等をしておいてください。 この後、機尾の部品に接着しますよ~!

 そうそう。 そうそう! その垂直尾翼部品の接着ですが、精密に接着しやすいように、機尾の部品の内側に写真に様に↑ 鉛筆でガイドラインを引いておくことをお勧めします。 これで胴体に対して真直ぐに接着することが出来ますよ~!

組立て12

 ガイドラインを描いた位置に垂直尾翼を接着します。↑ 更に、 機首部品の内側にバランスウエイト用の部品も接着しておきます。 

は~い! では、のりしろ部品は、よ~く乾きましたか~? では、機首の1つ後ろ側の部品は、接着しておきましょう。 これまた乾くまで、目玉クリップで仮止めしておいてくださいね~!

組立て13

 機尾のノリシロと、垂直尾翼はしっかり接着できていますか? 出来ていたら、接着しましょう。 ↑ コレも目玉クリップで仮止めしておきます。

 機首部品の内側はコンな感じです。 ↑ ウエイト部品は一番奥まで入れて接着しますよ。

組立て14

 はい、では今日はココまでです。 明日はいよいよ仕上げですね。 その後最後に増槽とスタンドの組み立ていきましょうかねぇ。


 そんなこんな。  そうそう、今日ちょこっと飛ばしてきたんで、この後更に更新しますね~! では、ば~い!びぃ~!
スポンサーサイト
別窓 | F-104の作り方! | コメント:0 | トラックバック:0
<<ちょこっとだけ飛ばしてきたよ。 | イロモノ紙飛行機-I出屋 | F-104の作り方! その1!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| イロモノ紙飛行機-I出屋 |