The link at the date of the calendar is an entry.

にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ
にほんブログ村

規定機増産&調整方法少々。
2017-03-06 Mon 15:21
 どもどーもー! Iで。 でございま~す!


 今朝の長崎はこんなお天気。 ↓

午後からは晴れてますよ。

 昨日は夕方から雨でしたが、今朝はすでに止んでいて、曇り空。 それも午後には回復しています。

ゾウサン。でもすぐ無くなる。

 今日は、注文もあったんで九州オープンの規定機「サイクロップス・ワン」を、ゾウサンです。 
でも、この後2/3は発送するのでまた在庫は少なくなっちゃうのよねぇ。 うれしいことだけどね~!

 どんどん注文してくださ~い!

あっちから。

 さてさて、そのサイクロップス・ワン(略して「サイク」で。)ですが、 調整方法を少々。

 説明書にも書いていますが、先ずは、持つ位置。主翼のすぐ後ろの下への出っ張り部分をつかみます。
もちろん、出来るだけ下側を持たないと、水平尾翼に指が当たるので、ご注意を!

 そして、組み立ての時にしてほしいのですが、胴体に主翼を接着する前に、定規や丸棒などを使って、薄くでも、きっちりキャンバーを付けておきましょう。 写真のように一見キャンバーがついてるのかどうか怪しいくらいの、0.5~1㎜の範囲です。

 付けすぎた場合は、すぐに上面からシゴキ治して少し戻してください。 良く目で確認して上半角を付けてから(もちろん、サディングも。)胴体に接着します。 

 完成後に 水平打ちなどをしつつ、キャンバーを付け足していった方が良いでしょう。

 因みに、↑の写真の機体は、左旋回をさせるため、主翼の左翼端後ろ側が少し跳ね上がっています。

 また、宙返りが強すぎる場合は翼端前縁にわずかにねじり下げを入れるのもいいでしょう。

 ただし・・・、
 
こっちから。

 この機体の特徴でもある「低翼機」 は、綺麗に完成していても、完成直後の状態では逆宙返り=ツッコミ が起きる確率が高いです。 なので、最初の水平打ちでもいきなり強く打つのはお勧めしません。 逆宙返りを踏まえて敢えて最初から垂直上昇で調整してもいいくらいです。 ただし、最初は弱くゴムを引いて調整してくださいね。

 ↑写真では少し解りずらいかもしれませんが、その逆宙返りを防ぐため、水平尾翼のに若干のマイナスの取り付け角が設置されていますが、 本当にわずかな角度なので、試作する時に丸棒などでのりしろを平らに慣らして・・・しすぎると無くなってしまうくらいのわずかな角度です。 制作時にはご注意ください。

 もちろん、 間違ってそのわずかな取り付け角をキャンセルしてしまったとしても、調整でそれも打ち消すコトが可能なのでご安心を。 どちらにしても、その逆宙返り現象が出る可能性のある最初の調整時にはかなり注意が必要という事ですね。

 でも、その逆宙返り現象を抑えることさえできれば後はそう苦労することもない素直でよく飛機体だと思っています。(少なくとも作者は・・・。)

 っていうわけで、皆様、ご武運を~!



 そんなこんな。 発射台、改造しないとイケないみたい。 では、ば~い!びぃ~!
スポンサーサイト
別窓 | 紙飛行機&フリーフライト | コメント:0 | トラックバック:0
<<先日の紙飛行機教室の反省!? | イロモノ紙飛行機-I出屋 | 今年も! 島原初市で、紙飛行機(折り紙機の方ね。)教室!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| イロモノ紙飛行機-I出屋 |