The link at the date of the calendar is an entry.

にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ
にほんブログ村

アレの弱点!?
2016-11-05 Sat 15:52
 どもどーもー! Iで。 でございま~す。


 今朝の長崎も、ピーカンの綺麗な秋晴れ。 でもお散歩です。 ↓

いいお天気ですが、人間の方がダウン気味です。

 実は昨日の夕方から風邪気味になってます。 あわてて病院に行ってお薬を頂いてきました。

 最初は、九州オープンの疲れのせいかと思ってたんですが、 よ~く考えてたら…! 思い当たる節が! 九州オープンの当日、Nカイチョー、風邪引いて凄い声だったんですよね。

 「カイチョー風邪ですか?」 「そうそう、治りかけだけどね。」 それかーー! 今頃カイチョーは全快してるでしょう。

尾翼の検証その1

 その九州オープン、ハンドの惨敗で思い当たる原因があります。

尾翼の検証その3

 当日は、新作の逆Y、「kh-1705」と、旧型のkh-1605を飛ばしたんですが、1705の方は、返りまではまずまず、でも、滑空に入ってそのままの姿勢でストーンと落ちる変な飛び方でした。

 尾翼にUPを入れた2投目でも同じパターンで墜落。 これについては原因はイマイチです。 ただし、同じSAL投げで挑んだT田さんも全く同じ現象を連発していたので、何かの原因はあると考えられます。

 月曜日は島原例会なので、そちらで反省会もしてみようかな?

 んで、kh-1605の方は、以前にもあった「尾翼の変形」が原因でした。 ↑↓

尾翼の検証その2

 ホチキス機の主翼でもたまにある、「アレ」です。 「ペコン」ってなっちゃうやつね。 上「ペコン」では、UP強すぎで、下の「ペコン」では、ダウンきつすぎ。 紙に付いた癖で、上か下のどちらかにしかならないので、その間の調整が出来なくなるんですよね。

 そして、その癖の原因は急な湿気と乾燥。 当日は朝は芝生がびちょびちょで、練習時に、着地して水に濡れ、特に薄い紙でできている尾翼は水分を吸ってしまいあわてて乾かしたつもりがダメになってしまった・・・というパターンでしょうかね。  

飛ばす直前まで治具から出さないようにするしかないかもね。 防水スプレーという手もありますが、流石に何度も繰り返すとダメになるみたいですね。 紙の難しいところです。



 そんなこんな。 1705はどーしたものかねぇ? では、ば~い!びぃ~!
スポンサーサイト
別窓 | 紙飛行機&フリーフライト | コメント:0 | トラックバック:0
<<コレなぁに? | イロモノ紙飛行機-I出屋 | 昨日のハンドの動画で~す!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| イロモノ紙飛行機-I出屋 |