The link at the date of the calendar is an entry.

にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ
にほんブログ村

イカ転作り方。 (その2)
2016-09-15 Thu 14:54
 どもどーもー! Iで。 でございま~す。


 そうです。 イカ転の続きで~す。 ではでは早速行きましょう。

イカ組立て7

 のりしろ部分がしっかり乾いたのを確認したら、丸棒などでさらに曲げ癖を付けつつ、しっかり接着します。 ↑

 乾くまで目玉クリップなどで仮止めしておきます。 

イカ組立て8

 機首の重り部品(大きさがそれぞれ違いますので注意!)と、触手or足(プロペラ部分)を切り出して↑ コレも丸棒などで曲げ癖を付けておきます。

 触手部品は、 (片方だけ 軽く) のりしろとの境界線にも、折り癖も付けておきます。

イカ組立て9

 触手部品を接着します。 ↑ 接着するのは、のりしろ部分のみです。 注意してください。

イカ組立て10

 機首部品内側にウエイト部品を接着していきます。 ウエイト部品は大きい方から先に接着していきます。

イカ組立て11

 ↑こんな感じになります。

イカ組立て12

 ゴムフック部品を(機首部品の色が違う部分に)接着します。 ↑ 

イカ組立て13

 機首と胴体を接着します。 ピンクのラインを利用しつつ、真直ぐに接着するよう注意してください。

イカ組立て14

 胴体後半をつぶして、その内側に触手部品を接着します。 ココも力がかかる部分なので、しっかり接着してください。

 (セメCを内側の上下両側に塗ること!) ココでも、乾くまで目玉クリップなどで仮止めしておきます。

イカ組立て15

 安全のために尖ってる部分を丸く切り落とします。 ↑

イカ組立て16

 接着剤が十分乾いたのを確認後、準備の時に言いました通り、更に2度ほどラッカー塗装します。

イカ完成!

 機首に安全ゴムスポンジを取り付ければ完成です。

 (!注!) 触手の先端(5㎜ほど)のみは、軽く逆方向に曲げておきます。 合わせて触手全体の曲げ癖の付け方を調整して出来るだけ高く上がるように調整してください。 触手の曲げ癖を付けすぎるとゴムカタパルトで発射した直後に失速して高く上がらないことがあります。 曲げすぎに注意してください。

 ではがんばって飛ばしてみましょう~! うまくいくと、ピンクゴムで10~12秒くらい飛んでくれます。 TANゴムだとスピードがありすぎてこれまた失速してしまうことがありますので注意してください。
 

 そんなこんな。 今日のお散歩は↑に。 では、ば~い!びぃ~!
スポンサーサイト
別窓 | つくりかた。 | コメント:0 | トラックバック:0
<<ネコ、ネコ!&アレの8番目!? | イロモノ紙飛行機-I出屋 | 忘れてた・・・イカ転の作り方! やりま~す!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| イロモノ紙飛行機-I出屋 |