The link at the date of the calendar is an entry.

にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ
にほんブログ村

忘れてた・・・イカ転の作り方! やりま~す!
2016-09-14 Wed 15:06
 どもどーもー! Iで。 でございま~す。


 台風が近づいてますね。 そんな今日の長崎は、こんなお天気。 ↓

今日も雨で~す。

 朝から雨です。 午後には止んでいますが、まだまだ明日も雨の様子。 なので、久々に、「つくりかた。」をやりま~す!

コレですね。

 ↑ コレのつくりかたで~す。 最近オマケヒコーキの仲間になったので、ボチボチ買って頂いたお客様方にもいきわたって来てる感じでしょうか?

 因みに動画はコチラ。



まずはラッカー塗装。

 まずは準備から。 両面ラッカー塗装です。 1対1 で混ぜ合わせたうすめ液とラッカーを、ハケ塗りするのがお勧めです。
 因みに、完成後にさらに2回塗装します。

お次は折筋入れ。

 んで、お次の準備は、良く乾いたのを確認してから・・・、 千枚通しと定規を使って↑折筋を入れていきます。

 今回のは折筋入れる部分は少ない方ですね。 そうそう、ラインは入ってませんが、胴体中央上部の、のりしろ部分にも、表から折筋を入れておくと少しやりやすいです。

ココから組立てですね。

 さてここから組立てです。 まずはプレスしておかなくてはいけない、ゴムフックの部品から。 ↑こんなふうに、余白を利用して折り曲げつつ切り出します。

イカ転、組立。その2。

 内側に入れる色がついていない補強部品の方は、先に貼り合せして、↑のように目玉クリップなどで仮止めしておきます。

 その間に、色のついてるフック部品をカッターなどできれいに切り出してください。

イカ転、組立。その3。

 次に、補強部品を内側に貼り込みます。 ↑ 力のかかる部分ですので、小さいですが、セメダインC の付け忘れがないようにご注意ください。

イカ転、組立。その4。

 セメC をしっかり塗ったら↑のように目玉クリップなどで仮止めして乾燥させます。

イカ転、組立。その5。

 お次は、胴体部分。 コレも切り出しながら写真の様な↑ 丸棒などで曲げ癖を付けておきます。

イカ転、組立。その6。

 のりしろの片側だけを先にしっかり圧着させておきます。 ココがしっかり接着できていないと、この後丸めて接着するときに接着しにくくなるので乾燥時間もしっかり取ってください。   今日はココまで。 明日に続きま~す!



 そんなこんな。 コレ欲しい方はキット買ってくれ~! では、ば~い!びぃ~!
スポンサーサイト
別窓 | つくりかた。 | コメント:0 | トラックバック:0
<<イカ転作り方。 (その2) | イロモノ紙飛行機-I出屋 | 雨とカニ&アレの治具?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| イロモノ紙飛行機-I出屋 |