The link at the date of the calendar is an entry.

にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ
にほんブログ村

立体胴紙飛行機、X-2心神の作り方 その2。
2016-05-29 Sun 15:44
 どもどーもー! Iで。 でございま~す。


 今日の長崎も昨日に引き続きこんな空模様。

結構降ってます。

 まぁ、絶好の制作日和・・・ってことで、心神続き、いってみよ~~! 

心神組立7

 主翼のプレス待ちの間、そのほかの部品を仕上げていきます。 まずは、機首部品↑から。 

 のりしろ部分も合わせて、丸棒などで曲げ癖を付けながら、切り出します。

心神組立8

 切り出しました。 この後、裏側からのりしろを貼って接着していきますが、仮止め様の目玉クリップ(マスキングテープでも可。)を用意しておきます。

心神組立9

 すると、コンナ感じになります。↑ あとで胴体に接着するときに、力が加わって剥がれることもありますので、しっかり圧着&接着してよ~く乾かしておいてください。

心神組立10

 同じく機首部品下面の部品と、本体に接着するときの、のりしろも合わせて切り出します。

心神組立11

 ココも、切り出しながら折り曲げも合わせて行っていきます。 機首下面も上面と同様、のりしろを裏から接着して・・・

心神組立12

 目玉クリップで仮止めし、よ~く乾かしておきましょう。

心神組立13

 機首部品上下の接着が乾いたら、本体用ののりしろもそれぞれ裏側から写真の様に↑接着しておいてください。 本体の厚みを考えて、僅かに内側にオフセット差せるように接着するのがコツです。

心神組立14

 上下胴体部品を切り出し&折り曲げまでしておきます。 細かい部分は、余白を利用しつつ折り曲げて、降り癖をつけた後にカットすると綺麗に折り曲げることが出来ますよ。

 胴体下側のグリップを差し込む切り込みを忘れないようにしましょう! その時、千枚通しで、内側から軽く押し広げておくと接着強度が上がります。

心神組立15

 上下とも、エンジン部分の丸みを、丸棒などでしっかり曲げ癖をつけておきます。 ココもしっかり丸みを付けておかないと、あとで主翼の方に引っ張りの負担がかかって変形の原因になってきますので、少し強めに曲げ癖を付けておいてください。

 その後、下側胴体のインテイク周りを接着、目玉クリップで仮止めし、よ~く、乾かします。

心神組立16

 次に、垂直尾翼を切り出します。

心神組立17

 切り出した垂直尾翼は組立て合あとだとサディングしにくくなるので、このタイミングでしっかりエッジを磨いておきましょう。
因みに、この工程はこの後の胴体を接着した後でも構いませんよ~! 

心神組立18

 胴体と機首下面にグリップとゴムフックをそれぞれ接着していきます。

心神組立19

 ↑のように接着します。 グリップは内側からセメダインCをイモ付けしておくと強度が上がります。

心神組立20

 プレスしておいたメイン主翼部品を切り出し&肉抜き軽量化&エッジのサディング・・・までしておきます。

心神組立21

 胴体下面と機首下面を接着します。 インテイク部分にはマスキングテープなどを使って仮止めしておくといいでしょう。

 この直後、↑写真のようにヒノキ板などを使って接着剤の引っ張りによるメイン主翼面の変形を抑える作業をしておきます。

心神組立22

 ↑写真のようにヒノキ板やスチレンボード等で高さを合わせてさらにその上からマンガ本などのウエイトでしっかり押さえて半日ほどプレスしておきます。

 都合のいいスペーサーが無い場合は、ヒノキ板4枚を左右上下から挟んでクランプなどで押さえておく形・・・でも構いません。
主翼の変形が防げるようにして乾かせればOKです。

 この工程はこの手の飛行機ではかなり大切な作業ポイントです。 この工程をしっかりしておかないと、主翼にネジレが出来て、真直ぐ飛ばないヒコーキが出来てしまい、調整でも修正できず全然飛ばないヒコーキが出来てしまうことになりますので、きっちりプレスしておいてください。

 今日はココまで。 次回は垂直尾翼&胴体上面からの組立てです。



 そんなこんな。 F-22の時の作り方も参考にしてくださいね~! では、ば~い!びぃ~!
スポンサーサイト
別窓 | Iで。判、X-2、心神!の作り方! | コメント:0 | トラックバック:0
<<立体胴紙飛行機、X-2心神の作り方 その3。 | イロモノ紙飛行機-I出屋 | 立体胴紙飛行機、X-2心神の作り方 その1。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| イロモノ紙飛行機-I出屋 |