FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.

にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ
にほんブログ村

頭の上にハテナ?マークがつくとき!
2016-03-07 Mon 15:34
 どもどーもー! Iで。 でございま~す。


 今朝の長崎、いつものように朝のTVの天気予報をボケ~っと眺めてると、なにやら「霧注意報」ってーのが出てました。 ええっ! そーなの? って、窓の外を見てみると・・・、

へぇ~。

 ホントだ~! 霧が出てるね。

こちらも霧、でてるね。

 お散歩に出てみると、やはり、遠くの方は少し霞んでますね。 


 さてさて。 昨日のおかげで今日は案の定全身筋肉痛・・・。 でも、昨日は実際に室内で飛ばせたので、滞空機スカイキング改のこともさらに少しわかってきました。

マダマダあーでもないこーでもないは続きそう。

 もちろん、重心位置をビミョーに変更することも、高さを出すことも重要ですが、やはり現場で飛ばしながらの昇降舵の微調整が滞空時間を延ばす肝であるところの、 「頂点での返り」を生み出すキモですね。

 コレばっかりは実際に飛ばしこんで自分で調整していかないと解らないと思います。 当然、反復練習ってのも大切なのですが、
あまり真剣になりすぎて当日でも方が痛くなるまで投げすぎる傾向になる事がままあるので、昨日も自分で注意してたつもりですが、「投げすぎ」はホントに要注意ですね。 

 そこで反復練習におすすめなのが、CLG化。 つまり、ゴムカタパルトで飛ばせばいいわけです。 これなら小さい子供さんでも、50肩の方でも、ある程度体に障害を抱えてる方でも体力を温存しつつ、くりかえし練習が可能です。 機体にフックをハサミなどで作ってゴムをひっかけて飛ばすだけだし、簡単です。

 ただし、記録をどうしても残したい方は、当然、本チャンの手投げでの記録会では出来ない方法なのでご注意くださいね。

頭上に

 さてさて。 組み立て式のだけでなく、折紙飛行機の教室でも子供たちを見てると、イロイロ面白いことに気付かされますよね。
紙飛行機というと、男の子向きと思いきや、結果的によく飛んでいるのは女の子の方なんですよね。 なぜならば、紙飛行機は精密機械。 より丁寧で正確に作る方が良く飛ぶのです。

 教室で良く見かける、ヒコーキが好きな張り切ってる男の子は、実は女の子に比べると10倍雑だったりします。
 そしてコレは同じく大人の方にも当てはまりますが、注意力や集中力が散漫な方は先に進みすぎたり、指導する方のお話を聞かなかったり、他のことに気を取られたり・・・で、結果的に作り方を失敗する・・・ってこともよくありますよね。

 それから、昨日はまたまた不思議なことに気づかされましたよ。 スカイキングを折るとき、丁度↑の工程の部分。 当然ですが、前の部分、右が正しい折り方。 左は間違った折り方ですね。

 ココの部分で、頭の上にぴょこんと・・・「?」マークが飛び出す! お子様が何人かいました! しかも、教える片側と同じ方向にして折ってみても、なかなかその違いに気づかなかったりするコもいましたよ。 実はこういう部分も難しかったりするんですよね。 もちろん、紙が厚くなる部分や、機首の「戸田折り」の部分は子供さんたちにはもっと難しいのですが・・・ね。 



 そんなこんな。 紙飛行機教室、いろんなことがあります。 では、ば~い!びぃ~!
スポンサーサイト



別窓 | 紙飛行機&フリーフライト | コメント:0 | トラックバック:0
<<霧の日=高湿度=紙ヒコーキ飛ばない!? | イロモノ紙飛行機-I出屋 | 紙飛行機教室in島原初市>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| イロモノ紙飛行機-I出屋 |