The link at the date of the calendar is an entry.

にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ
にほんブログ村

コレって、ウワサの破壊大魔王!?
2016-02-26 Fri 17:55
 どもどーもー! Iで。 でございま~す。


 やっと穏やかな晴天に恵まれました長崎。 早速いつものココへ↓出撃です。

せいてんびふう!

 今日の天気予報での風の強さは、3mってことでしたが、もっと穏やかな感じです。 ただし、全くの無風ってわけではなく、たまにやっぱり3m位の風が吹いてるのが感じられます。

 問題なのはこの風が冷たい北風だってこと。 つまり、サーマルは期待できません。 でも今日は微風用の機体ばっかなんでその方がいいのかもね。

出来たても・・・ね。

 今日のメンツ。微風用ばかりですね。 もちろんメインは出来たてのW500のバルサ機。

あ~れぇ~!

 ・・・ところが、まだ調整中に御覧のありさま! あ~れぇ~! 御無体なぁ~!

ビンボケですが、折り紙機です。

 んで。 しょうがないので、次は折り紙機を投げます。 今日も少しピンボケですが、折り紙機の飛行中写真も! ↑ 

 今日の2機はどちらも治具に入れていたもの。 治具解放直後は飛び方も綺麗ですが、しばらくすると、やっぱり変形が始まってダメですね。

 特に、スカイキングタイプは、一度地面にズドンと落ちて胴体が折れると、それが全体に影響して逆宙返りになって全然まともに飛ばなくなってしまいます。 安いコピー用紙では特にその傾向が強いですが、競技用の折紙機専用の用紙だと、少しだけ丈夫な感じで、胴体座屈しにくいようです。

 どっちにしても、原因は地面への強い激突なので、若干UP気味に調整しておきたいところですが、そこが組み立て式タイプの紙飛行機と違うとこで、折紙機の微調整はかなり難しいですね。

飛んでるトコ。その2

 次に試したかったケントウンシリーズの比較です。 今日はたまたまハンガーに入っていた135㎏オールペーパーの立体胴&立体翼機の「11」も、ついでに飛ばしてみました。

飛んでるトコ。 その3 コレが今日のベストショットだね。

 10と12は5投やってみました。

  「12」・・・ 40.4, 39.3, 42.3, 45.3, 42.9, 合計 210.2 秒。 

  「10」・・・ 30.2, 58.5, 31.8, 39.4, 46.1, 合計 206.0 秒。

 ・・・ビミョーな接戦。 結局、単なる調整やサーマル読みの差でしょうかね?

 しいて言うと、「12」は安定型、 「10」は、博打型!?

飛んでるトコ。 その4

 どちらも5投の時はMAXでませんでしたが、 今日の風はたま~にサーマルもあったようで・・・、

まずは、「10」。MAX!

 「10」は、調整中に出ました。

「12」は、わずかにMAXには届かず。おしい。

 「12」は、わずかに及ばず。 

偶然持ってきてた、「11」MAX!!

 ついでに飛ばした「11」は、平均すると、30~35秒台ってトコですが、サーマルがあるとちゃんとMAXも出るようです。

 ってわけで、結局調整とサーマル読みに精進しなさいよっ・・・てことでしょうね。 さ~て、バルサ機の修理しよかな。 もう多少重くなってもしょうがないので、も少し丈夫にしてみましょう。 飛ばせないと意味ないしね。


 そんなこんな。 機首のクッションゴムも、も少ししっかりしたものを付けないとね。 では、ば~い!びぃ~!
スポンサーサイト
別窓 | 紙飛行機&フリーフライト | コメント:0 | トラックバック:0
<<バルサのW500機、修理完了。 | イロモノ紙飛行機-I出屋 | これじゃ、「なんちゃって」にもなんないよ。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| イロモノ紙飛行機-I出屋 |