The link at the date of the calendar is an entry.

にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ
にほんブログ村

距離用の折り紙機、ざっくり計測・・・にチャレンジしてみたよ。
2016-02-04 Thu 16:16
 どもどーもー! Iで。 でございま~す。


 今日は少し風があるので、軽くお散歩だけで済まそうと思ってたんですが・・・、

今日は少し風があるよね。

 お天気は良い様子。 丁度、お昼過ぎに、野暮用が発生したので、ついでに少しだけ折り紙機を飛ばしてきました。

近所の公園で・・・。

 こんな時は一番の近所のこの公園。 片淵公園です。 やはり少し風がありますね。 2~3mってとこかな? ただし、この公園の特徴は、風が弱いこともあるのですが、その方向がころころ変わってしまうコト。

 非力なハンドランチャーの私は、風の力をうまく使わないと紙飛行機をよく飛ばすことは出来ないので、コレってすごく大切なんですよね。

 風に逆らってしまうと、ガッツリ抵抗が増してしまって、通常の半分も飛んでくれなくなります。 逆に、うまく風に合わせて飛ばすことが出来ると、いつもの2~3倍増しで、タイムが伸びてくれることもあります。

 因みに、いつも飛ばす組み立て式紙飛行機のハンドランチの場合、風に向かって投げますが、距離用の折り紙機の場合、真逆の追い風で投げます。

こんなの思いついたんで作ってみた。

 そうそう、ちょこっと思いついたんで、コンナの作ってみました。 これで今日は距離用の折り紙飛行機の、肝心の飛距離をざっくりではありますが、計測してみようってわけです。

 今日は、更に7g台の1、機ライトグリーンの・・・を作り足してきてます。 重心位置を微妙に前寄りにしてみた機体です。

コッチも、1~2投だけね。

 その前に、風の状況を把握することもあって、軽く2~3投、いつものハンドを投げてみます。 ・・・山側からの吹き下ろしの風がメインの様な感じ。

 ・・・んで。 飛行の様子は、動画を撮影してみたんで、後程そちらを。 風のせいもあってか、思いのほか飛んでました。うまくいったのは、35mほど飛んでます。 まぁでも、平均的には20~25mってとこでしたね。 やっぱり室内で飛ばしてみたいな。


機首のこの折りが大切のようです。 表側。

 そうそう、昨日気付いたポイントですが、折り紙の滑空機の方でもそうですが、機体が開かに様にする、いわゆる「戸田折り」をつけておく方がいいようでうす。 なぜかというと、調整が少し楽になるってこと。 

機首のこの折りが大切のようです。 裏側。

 この折りが入ってない場合、投げ直後の上昇時は風圧で機体が開くことはないので機体は直進しやすいのですが、頂点から滑空に入るとき、この折りが無い場合、機体が開いてしまい、調整が狂ってどちらかに旋回してしまい、直進しない=距離が稼げない・・・になってしまうことが多かったです。

 どちらにしても、距離競技の場合、如何にまっすぐ理想の軌道をなぞるように投げれるか?&調整できるか? が、重要ですよね。

 コントロールが効くRCなどとは違い、フリーフライトの飛行機全般に言えることですが、風まかせの軽い機体を、真直ぐに飛ばすのは実は一番難しいことです。 バルサ機とも違う「紙」飛行機の場合、実は尚更そうすることは難しいんですよ~! 風だけでなく、熱や湿度、素材が素材だけに、外からの力にはかなり弱いのです。  だから、何度もメイク&トライが必要なんですよね。

 さて、では動画の方、UPしておきますね~。 





 そんなこんな。 ニコ動にもUPしてますよ~! では、ば~い!びぃ~!
スポンサーサイト
別窓 | 紙飛行機&フリーフライト | コメント:0 | トラックバック:0
<<明日からお天気崩れるんで、本日も連チャンで・・・。 | イロモノ紙飛行機-I出屋 | 節分だけど・・・折り紙飛行機連投!!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| イロモノ紙飛行機-I出屋 |