FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.

にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ
にほんブログ村

KUSI_ONEについて。
2011-06-06 Mon 21:18
 作り方について、ご要望を頂きましたので、まとめてUPいたします。
まず、コレ。

治具は・・・。

 100円ショップで買える、5㎜厚のカラーボードです。両面に色のついた紙が貼ってある奴です。紙が貼ってないのは、柔らかいのでだめですよ! 「Kusi_One」については、上の写真の寸法でOKです。参考にしてください。
写真に一緒にありますが、クリップや洗濯バサミの代わりに同じカラーボードを写真の寸法でカットすると節約でき、全体を軽く出来ます。(持ち運びにも便利。)

 次に、作り方ですが、簡単にポイントだけ、端折っていきますね。

くし主翼うら。

 実は、部品名などを加えた修正版をUPし直しています。まだ作ってない方はそちらをDLし直してみてください。
んで、主翼貼り合せ等は端折って、プレス、乾燥、カット、ペーパー掛けが終わった主翼と先尾翼の取り付け。
ですが、先に、垂直尾翼&主翼後ろ側ののりしろ台座を取り付けます。

 それに合わせて、主翼を取り付けると、主翼前側ののりしろ台座の位置が出ます。主翼前側のりしろ部品は中央から分割して使用します。しっかりつけてください。

くしうら先尾翼。

 まず、先尾翼補強の部品を接着しておきます。(プレス前に付けておいても可。)その後、胴体に先尾翼のりしろ部品を胴体に接着剤が付かないよう、注意しながら取付けます。(先尾翼をスライドさせない場合は気にしなくってもOK。)

 乾く前に、ちゃんとスライドするか確認後、先尾翼を取り付けます。このとき、先尾翼のりしろ台座部分が広がることがありますので、目玉クリップなどで、固定しておきます。

 先尾翼のりしろ台座部分だけに接着剤を付けて、今一度、スライドを確認、その後すぐに、治具で固定して乾燥を待ちます。乾燥したのちに、2度目のラッカーを塗って完成です。

まあ、私はだいたいこんなやり方で作りました。

 テスト飛行時、先尾翼を一番前にスライドして、のりしろ部分を拡大していない、1号機をフルキャスト(ピンクゴム)した時、フラッターが出ましたので、(輪っかの細い方が前のため、そこが弱いのでしょう。)強いゴムや2本ゴムで打ち上げる場合は注意が必要です。

 こんなとこでいいでしょうか?ではでは。
スポンサーサイト



別窓 | つくりかた。 | コメント:0 | トラックバック:0
<<長崎の・・・? | イロモノ紙飛行機-I出屋 | 久々です。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| イロモノ紙飛行機-I出屋 |