The link at the date of the calendar is an entry.

にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ
にほんブログ村

Xi-36の作り方、その5。
2015-08-12 Wed 16:07
 どもどーもー! Iで。 でございま~す。


 今日の長崎はご覧のとおりひどい雨。

かなりひどい雨でした。

 流石にこの激しい雨では外に出るわけにもいかず、今日のお散歩はお預けでした。

 では、Xi-36の仕上げと参りましょう!

12日Xi36制作1

 最後の部品は、キャノピー部分です。 十分に乾いたことを確認したら、 まずは余分なのりしろなどの部分を切り落とします。

12日Xi36制作2

 次に、爪楊枝などの細い丸棒を用意。 縁の部分を写真のように反らせておきます。 この部分がのりしろにもなるわけです。

12日Xi36制作3

 胴体に接着。 この部分は複雑な曲面で接着しにくくなっています。 なので、乾くまでしばらく指で押さえておいてください。

12日Xi36制作4

 写真↑のように、上半角を付けます。 私は右利きなので、左旋回用のスタブチルトを付けています。 上半角は写真の様に、ごくわずかで構いません。

12日Xi36制作5

 さてさて、ここからがこの機体の調整のキモ、「ねじり下げ」と「ねじり上げ」を付けます。 主翼(実は前の先尾翼にも、わずかにつけておくといいです。)の外側端の前縁にわずかなねじる下げを付けます。 0.5㎜ぐらいですが、確実に付けておいてください。

 主翼の外側後ろ端には写真の様にそれとわかるくらい(こちらは、1~2㎜ほど。テスト飛行をしつつ調整してください。)に、ねじり上げを付けます。 コレを付けておかないと、まともに飛ばないのでご注意ください。

12日Xi36制作6

 横から見た時の写真です。 ねじり下げはわずかですが、お分かりでしょうか?

12日Xi36制作7

 こうなります。 ほぼ完成ですが、今少し。

12日Xi36制作8

 ラッカーを2回ほど、ハケ塗りで塗装しておきます。

12日Xi36制作9

 最後に機種に安全ゴムスポンジをつけたら完成です。


 ~テスト飛行について~

 テスト飛行では、まず最初に、必ず垂直上昇で軽くテストしてみてください。 なぜかというと、この機体は逆宙返りの癖があります。 なので、くれぐれも初っ端での水平打ちはやめてください。 いきなり機体を壊すことになりかねませんよ~! くれぐれもご注意くださいね~!

 さて、垂直に軽く打ち出してみて、逆宙返りするようなら、主翼後端に軽くUPを入れて調整します。 コレを繰り返して高く上がるように微調整してください。 上手く行くと、頂点付近で小さい宙返りで返ります。 この小さい宙返りを殺したい場合は、僅かづつ、機首に重りを足していくとよいでしょう。 すると綺麗に返るようになります。

 目標タイムは10~15秒といったところですが、TANゴムだと、うまくいくと30秒ぐらい飛んでくれるかもしれませんよ~!


 そんなこんな。 5日間、お疲れ様でした~! では、ば~い!びぃ~!
スポンサーサイト
別窓 | Iで。判、Xi-36の作り方! | コメント:0 | トラックバック:0
<<昨日の爪痕。 | イロモノ紙飛行機-I出屋 | Xi-36の作り方、その4。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| イロモノ紙飛行機-I出屋 |