The link at the date of the calendar is an entry.

にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ
にほんブログ村

買い回りと増産と、お勧めの機体について。
2017-05-06 Sat 17:54
 どもどーもー! Iで。 でございま~す!


 いつものようにまずはコチラから。 今日の長崎は、こんなお天気。 ↓

どんより&黄砂が!

 今朝の長崎、薄曇りでまだ昨夜からの雨が残っていましたが、 お昼ごろには、晴れてきました。 でも、予報通り、例の黄色い物質がやってきているようで、遠くの空は霞んでましたよ。

今日の増産!

 さてさて。 まだ、まだ!まだ!! 増産中。 今朝は、こちらも初心者の方にはおすすめの、「オープン・ワン」と、「ハート・ワン」ですね。 特に、「オープン・ワン」の方は、最低、ハサミとホチキスがあれば組めるので、お勧めです。

 ですが、その場合、ホッチキスの芯が飛び出て指に刺さることがあるので、ラジオペンチかセロテープもしくはその両方があるとホチキスの芯の部分を隠せたり、潰したりできるので 安全です。

買い回りで・・・。

 今日は午後から紙飛行機の材料の一つでもあります、コイツラを買い回りしていました。 ↑

ついでに!

 ついでに好物のコレも・・・! む~ん。 また太りそう・・・。

初めての方にお勧めの機体。 その1!

 さてさて、 今回のTVの影響を受けて、ご注文してくださった方々は、やはり、「紙飛行機初めて」の方が多いようなので、改めて私お勧めの機体をご紹介しておこうと思います。 それがコチラの↑ 「スタンダード・ワン」です。

 胴体、主翼、水平尾翼、垂直尾翼がそれぞれ分かれて配置されているもっともオーソドックスな紙飛行機です。 

初めての方にお勧めの機体。 その2!

 組み立てるのはもちろん、先程もご紹介しました、「オープン・ワン」の方が簡単ではありますが、飛ばすために重要な、「紙飛行機の調整方法」が解りやすくそのため調整もしやすいので、組立てに多少免疫がある方は、特にこちらから始めることをお勧めいたします。

「治具」とは!?

 さてさて。 せっかく「凄ワザ」を見て頂いての「紙飛行機」。 ですから、 今まで作った物より良く飛んでほしいものですよね。
そこで、 今回から始める方にはより本格的に綺麗に作ってもらい為に、もう一工夫してみるというのはどうでしょうか?

 紙飛行機の初心者の方にありがちなのが、翼がきれいに出来ていなくて、ふにゃふにゃ、へにゃへにゃに曲がっしまっているすること。 初めて作っていただいた紙飛行機を見せて頂くと、やはりこれがとても多いですね。

 これでは、せっかくの紙飛行機も、本来の性能さえ発揮することが出来ません。 ので一番簡単に補正することができるのがコレです。↑ 

 そうです。 飛ばさない時は、翼を押さえつけていればいいのです。 それが「治具」ってわけですね。

 木工や金属加工が得意な方でしたらば、是非木や金属で精度高い物を作ることをお勧めしますが、てっとり早く安上がりに出来るのが、¥100円ショップでも買える5㎜厚の「スチレンボード」を使うことです。 良く間違われるのが、両面い紙が貼ってない物を使うコト。 紙が貼ってある方が各段に強度がありきっちり抑えつけることが出来ます。

 オマケに、カッターと定規でサクサク切ることが出来るので工作がとても楽です。 ぜひ作ってみてください。 

コツは、調整のため良く使う、それぞれの翼の「後端」にはかぶらないようにすることです。

正確に作るというコト。 その1!

 初心者の方々に、いくら「正確に」とか、「綺麗に」とか言っても伝わらないのは、「正確で綺麗なホンモノの紙飛行機」を見たコトが無いからです。 ↑や↓の写真を参考に、完成した機体の、正面&真後ろから見て、翼がたわみや変形が無く、きれいに出来ているか~~~く確認してみてください。 コレ、子供さんだとさらに伝わりにくいんですよねぇ~。

 実際にヨレヨレの翼の紙飛行機と、写真の様な「ピシっ」と出来た紙飛行機を隣り合わせで見せても、どちらが「キレイ」なのかわからず「きょとん」とした顔をする子供さんも多いんですよ。 翼を触って見せるのもいいかもしれませんね。

正確に作るというコト。 その2!

 「治具」もそうですが、実際に作っているときは、平らな板と電話帳などに挟んで、最低1晩以上置いておく、「プレス」の作業も重要です。 重ね合せた主翼や、積層胴などは必ずこの工程が必要で、コレをやらないと、「フニャフニャ」の飛ばない主翼や胴体が出来ますよ。

 ・・・といった具合です。 解っていただけたでしょうか? 一見メンドクサイ作業のように思われるかもしれませんが、実は、その後(屋外で調整して飛ばす!)のことを考えると、こういうことをやる方がより「楽」何ですよねぇ~!



 そんなこんな。 「ホンモノの紙飛行機」に是非ハマってみてくださ~い! では、ば~い!びぃ~!
スポンサーサイト
別窓 | 紙飛行機&フリーフライト | コメント:0 | トラックバック:0
| イロモノ紙飛行機-I出屋 |