FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.

にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ
にほんブログ村

突然で申し訳ございませんが。
2012-01-10 Tue 20:21
 今日、すでに変更済みですが、 「フリーダウンロード」 を終了させていただきます。

 本当の申し訳ございません。 因みに、いままでUPしたものも、これからこのブログで記事にするものも、私に著作権があるものについては、少しご面倒ではございますが、メールいただければお送りいたします。 出来れば
私がいつも使用している素材を使用して、プリントアウトしたものを、お送りしたいと思っています。

 なので、メールする際に送り先を必ずご明記くださいませ。

 あまりこういった重い内容の記事をこのブログで扱うことはしたくはなかったんですが、(私の頭が悪いことがバレる。バレてる?)かの「キャプテンはーロック」のこと名を借りれば・・・

 「男は駄目だとわかっていても、やらなければならないことがある。」

ということでしょうか。

 最初に、あくまで、これは私の考えであって、他の紙飛行機等のホームページや、ブログをやっていらっしゃる方々に強制しているわけでも命令しているわけでもないです。ということをお願いしておきます。 今回の記事を見てどう判断するかは、もちろん、このブログを見て頂いている方々次第です。 

ああ、こういう意見もあるんだな。 というぐらいにでも考えていただけたら幸いです。

 さて、ご納得頂けるかどうかわかりませんが、大まかに事情を申し上げますと、 

 「著作権を守るということ。」

 「紙飛行機の価値を守りたいということ(もしくは高めていきたいということ)」

 です。

 ホントは、もう少し込み入った事情があるのですが、 ブログで公開することではないので、お知らせする時期が来るようでしたら、ご報告いたします。

 ご存知の方々も多いとは思いますが、 紙飛行機というものは、日夜研究に研究を重ね、良いも悪いも (それなりに本人的には)場合によっては、それこそ何年も、試行錯誤して やっと作り上げた大変大事なもの・・・ と理解しているつもりです。(紙飛行機にかかわらず、趣味の品ということでも当てはまるとは思いますが。)

 しかし、他のHP等の悪口を言うわけではございませんが、(どうか勘違いしないでくださいね。あくまで私個人の考えです。) フリーでダウンロードすることにより、私たち(平たく言うと、紙飛行機○カですね。)以外の方々も、 「無料で手に入るもの」 という認識を植え付けることになる可能性を持っていると考えられます。

 苦労して作ったものがそのあるべき価値を無視されてしまうことがあるかもしれないということです。 

 ごくたまにですが、、紙飛行機教室などでも、心無い方で、「ただの紙切れじゃないの。」とか、「どうしてそんなに高いの?」 といったことを言う方や、そういう視られ方をされることもあります。

 紙飛行機以外でもそういったことがあった事例があります。 例えば、最近でいうと、とある賞を受賞した開発者がいた会社で、今まで通常の従業員程度の手当しかもらっていなかった社員が受賞を機に給料や会社からの待遇が大幅に変わった・・・など、 本来あるべきものの価値というのは、見方によって、変動することもありうるのではないかということです。 もちろん、今より価値が低くなる場合もありますが。

 私は、紙飛行機も(それを使用することも含む)というものは、世の中で知られていないだけで、価値はもっと上のものではないかと願います。

 ただ、紙飛行機の普及という点で考えると、そりゃあ、出来る限り安く提供する方がいいに決まっているでしょう。 それは無料で誰にでも提供することです。 もちろん、私も自分の紙飛行機がよりたくさんの方に飛ばして頂いて、喜んでいただけることが、一番うれしいです。 そりゃあそうですよ!

 でも、そうすると、高性能であるはずの、その紙飛行機の本来の価値がないがしろになっちゃうし、少しだとしても、試行錯誤して作り上げた苦労が報われることはありません。

 安くても、有料にすると、次の開発につなげる資金を得ることが出来るというメリットも有ります。(要するに材料代などですね。)

 また、他の理由もあります。 私はご存知のとおり、紙飛行機の販売をしています。 過去にダウンロードした機体の中で、商品化をしたい物が出てきた場合・・・ということです。

 御理解出来ないことかもしれませんが、ほんの少しでも御理解出来して頂ける方がいることを願います。

 最後に、あくまで、これは私の考えで、他のホームページや、ブログの方々には当てはまらない。ということをもう一度お伝えしておきます。 

 また、今回の記事は、見ていただいた方々が不快な思いをする可能性があるので、1週間ほどで公開を終了いたします。 是非ご理解の程よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



別窓 | その他 | コメント:5 | トラックバック:0
| イロモノ紙飛行機-I出屋 |