The link at the date of the calendar is an entry.

にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ
にほんブログ村

今更ですが、コイツの作り方、行きま~す!・・・その2!!
2017-05-17 Wed 17:09
 どもどーもー! Iで。 でございま~す!


 今日は、お天気が良いので、久々に出撃してまいりました。 ↓

すこ~ぉし風があるよね。

・・・です ぐわぁ~、 昨日の続きがあるので、それは又後程・・・。


ってわけで、昨日の続き、「スタンダード・ワンの作り方! その2!」 行きますよ~ん!

組立てその19。

 さてさて、お次は、↑垂直尾翼と水平尾翼を切り出します。 んで、昨日も説明しましたが、どちらの翼も、エッジ部分は両面からサンドペーパーできれいに磨いて、キモーチ・・・断面が流線形になるように! しておいてください。 

※ 注意! サディングの時は・・・こわ~い!こわ~い!アレ! ・・・がありますのでご注意を~! 詳しくは、↓の方の主翼のサディングの部分をご覧ください!

組立てその20。

 解りにくいかもしれませんが、 ↑の写真がサディング後(水平尾翼のみ)です。 その↑の写真とよ~く比べてみると・・・解るかもしれませんよ!?

 ついでですが・・・、 ↑写真のように、私の場合・・・ではありますが、全ての「角」の部分は丸く切り落としてあります。

 コレは、空気抵抗を少しでも少なくするためと、クラッシュ時に壊れにくく&人にあたっても、出来るだけ痛くないようにするためでもあります。 角を残していると、 墜落したときに必ずこの部分から曲がっていきます。

 そのままにしておくと、丁度それがラダーを切った状態と同じ効果を生んで、調整も狂ってきてしまう・・・、という事もあるんですよね。 小さなことだと思うかもしれませんが、紙飛行機はそういったことが大事だったりするのです。

組立てその22。

 さてさて、 では、垂直尾翼を胴体に接着します。 ↑ 丁度、昨日接着したのりしろ部品のすぐ前に接着してください。

組立てその21。

 反対側から見ると、こうなります。 ↑

組立てその23。

 因みに、胴体の右側に付けるのか、左側に付けるのか? まぁどちらでも構いませんが、実はビミョ~に違いがあります。

 接着剤が乾くと、その力によって、紙がわずかに引っ張られることが起こります。 胴体側に接着剤をつけることになるので、当然胴体側にわずかですが、紙が引っ張られます。 =垂直尾翼のラダーを僅かに切った状態になります。 ですので、

 (後ろから見て)胴体の右側に接着すると、ラダーを左に切った状態=左旋回癖が着きます。 逆側だと当然右旋回ってわけですね。

 ですから、コレマタ先の胴体が曲がっている場合と同じく、うまく利用して選んで接着してみてください。 

組立てその24。

 次に、水平尾翼を胴体に接着します。 ↑ こんな風になります。 胴体と、水平尾翼の中心線(ピンクのライン)をしっかり合わせて、曲がって接着してしまわないように注意しつつ、(ペンチや目玉クリップなどを使って)しっかりと「圧着」してください。

組立てその25。

 裏側から見るとコンナです。 胴体から少し飛び出るような位置ですね。 コレは、水平尾翼にダウンを入れる調整をするときに胴体が邪魔にならないようにするためと、軽量化のため、この位置になっています。

組立てその26。

 主翼を接着する前に、(垂直尾翼&水平尾翼を接着する前でも構いませんが。) 胴体の角が立っている部分や段差が出来ている部分などを、サンドペーパーできれいに落としておきます。

組立てその27。

 少し解りにくいかもしれませんが、↑ よ~く見ると角が取れているんですよ~! 因みに、胴体後ろの、のりしろ部分や、機首と胴体の境目の部分など全体的にサンドペーパーで磨いて接着剤の塊やバリなども、綺麗に削り落としておいてください。

組立てその28。

 お次はプレスしておいた、主翼の加工です。

組立てその29。

 まずは、余白部分を綺麗に切り落とします。 (例によって、ココでも角は丸くしておきます。) 

組立てその30。

 次に、昨日も説明しましたように、サンドペーパーで全体的に断面が流線形になるようイメージしつつ、削っていきます。

 最初は、番数の高い240~400番で、次は400~600番でというふうにサンドペーパーの番数を下げて磨いていきます。 
左右でそれぞれ10回~20回・・・というふうに決め事を作って削ると、左右綺麗に削ることが出来ますよ。 

 ※ ただし、サンドペーパーでのサディングの作業は、十分に注意してください! 折角一晩待って綺麗に平らになっていた翼が、力を入れすぎると、なぜかどこかに引っかかってしまって、 「ぱきっ!」と折れ曲がってしまうことがあります!
そうなると、それまでの苦労は水の泡です! 特に、水平尾翼など、紙が弱い部分のサディングは要注意です!

 その場合は、当たり前ですが、とっても悲しい気分になりますので、せめて 「なしか~!」 と、大声で叫んで発散しましょう。  ・・・ウソです!

組立てその31。

 さて、お次は、主翼の「キャンバー」を付けます。 ↑写真のように、定規で片方を持ち上げつつ、丸い筒状のものを押し付けるようにこすり付けて曲げ癖を付けます。 少し強めに曲げ癖を付けておいて、 「キャンバーゲージ」に合わせて表から抑え直してキャンバーを適性の量に付けていってください。

組立てその32。

 ↑ 写真では少し隙間がありますが、 ほぼこんな感じになるとOKです。 逆にキャンバーを付けすぎると、宙返り癖が強すぎてあまり飛ばないヒコーキになってしまうので、くれぐれもキャンバーの付けすぎにはご注意ください!

組立てその33。

 次は、上半角を↑のように定規を使って付けていきます。 翼の中央、1か所ではなく、2ヶ所(胴体の太さに合わせてあります。)を折り曲げて付けますので、ご注意ください。

組立てその34。

 ↑ 写真のように、 ここも「上半角ゲージ」に合わせて調整してください。 胴体に接着して最後のラッカー塗装が終わってよく乾かした後にも、再度調整し直してください。 接着剤やラッカーの影響で少し角度が戻って浅くなる場合もありますよ。

組立てその35。

 さて、次はいよいよ胴体に主翼を接着します。 今一度、胴体の、主翼のりしろ部分が平らになっているか確認してください。

組立てその36。

 セメCをたっぷりつけて、「圧着」します。 が、この時、↑写真の「ピンクの○」の部分のをよく見てください。 写真上半分のように、角度がずれて曲がって接着していませんか? よ~~~く見て確認してくださいね。

 写真下半分のようになっていればOKです。

組立てその37。

 主翼の位置が綺麗に決まっていたら、↑写真のようにクランプなどを使って接着剤が乾くまで仮止めしておきます。

最後のラッカー塗装。2回塗装します!

 主翼が完全に接着し終わっていたら、 最後のラッカー塗装です。 乾かして塗り、乾かして塗り・・・と、最低2回は塗装してください。

組立てその38。

 ラッカーがしっかり乾いたら、 600~800番くらいのサンドペーパーで最後のサディングをして仕上げます。 ラッカーのざらざらした粉が残っているので、何度も触ってよく確かめてつるつるになるようにしてください。 空気抵抗が低くなって高く打ち上げることが出来るようになりますよ!

 ↑写真のように、主翼や尾翼の縁の部分もしっかりサディングしてください。 ココも結構ざらついていますよ。 ご注意ください!

組立てその39。

 最後の作業です! 安全のために、必ず行ってください! 

 機首に「安全ゴムスポンジ」を付けます。 この時、↑写真のように、わざと少しだけ胴体とスポンジの間に隙間を作っておいてください。 この方がよりショックを吸収してくれますよ。 

 特に、初心者の方はこのスポンジを付けないで飛ばす方が居ますが、それは大きな間違いです。 くれぐれも、安全には出来うる限り注意してくださいね! もちろん、事故が起きないように、人が居ない広い場所で飛ばすことが大事です。

 テスト飛行の時には、「水平打ち」という風に向かって軽くゴムで打ち出して飛び方をよく観察しつつ調整をする・・・というものがありますが、この時も 人に向かってゴムを引くのはもってのほかです!

 特に子供さんと飛ばす時は、くれぐれもご注意ください!  始めて飛ばす際には、必ず親子一緒に行っていただき、親の方が最初にお手本を見せることをお勧めいたします!

完成です!

 さ~~て、やっと完成です! お疲れ様でした~!

 ですが、 ホントの「完成」は、 テスト飛行を入念に行って、しっかり飛ばすことが出来た時ですよ~!

 皆様のご健闘をお祈りいたします!
 良く飛んで無くしちゃったら、また是非!私の紙飛行機を買ってくださいね~! なんてな。



 そんなこんな。 何かわからないことがありましたらば、お気軽にメールくださいね~! では、ば~い!びぃ~!
スポンサーサイト
別窓 | スタンダード・ワンの作り方。 | コメント:0 | トラックバック:0
今更ですが、コイツの作り方、行きま~す!
2017-05-16 Tue 17:04
どもどーもー! Iで。 でございま~す!


 そうなんです。 ず~っとやろう!やろう!と思っていて、忘れていたことの一つなんですよね。 

今回、例のTVのお陰様で、ご注文がたくさん来たんですが、 基本的な紙飛行機の作り方を知らない方からのご注文がたくさんあったのもありまして、ここはひとつ、いっとくか・・・って訳でもあります。 なのでってわけではないけれど、今日のは長いよ~!

 でもまずはいつものこちらから・・・、 ↓

今日は曇り空だね。

 今朝の長崎は曇り空です。 風は穏やかですが、 ちょっと肌寒い感じ。 今日も散歩に出かけたんですが、ちょっと生地が厚手で暖かい、長そでのネルシャツを着ていきました。

 まだ暑かったり寒かったりと、落ち着きがないお天気ですね。 かといって、又ここんところ毎年のように続いている35度以上の酷暑がやってくると思うと、うんざりしますけどねぇ。

道具の紹介

 さ~て、ではでは、「スタンダード・ワン」のつくりから、行きますよ~! ↑まずは、いつものように道具のご紹介から。

私にとっては、いつも使っている机の上にある道具たちです。 まぁ紙飛行機のベテランの方たちになると、特に珍しい物はないとは思いますが。 如何でしょうか? 他にも、仮止め用のマスキングテープや、 ゼメダインCを細かいとこにイモ付けできる爪楊枝、などなど、言い出したらきりがないので、ご自分に合った道具をご準備くださいね。 

 写真中央の刃の内側がまっ平らな特殊なペンチ以外は、ご近所のホームセンターや、¥100円ショップで手に入るモノばかりだと思います。 因みに、写真のハサミは小学校の頃、お裁縫をやってた母親から無理矢理頂いたハサミなので、皆さんはちゃんと「紙」を切るためのハサミをお使いくださいね。 でも、紙飛行機の経験=このハサミの使用年齢なので、愛着のあるモノには違いありませんね。

ラッカー塗装(組立て前の表裏に。)

 んで。 まだ作りませんよ。 準備その2です! ラッカー塗装! ですね。 特に、初心者の皆さんにはこれは是非やってもらいたい!

 「よく飛紙飛行機を作るためのコツは?」・・・という質問はよく聞きますが、私の場合、こう答えます。
 出来うる限り、丁寧で精密に綺麗にそして丈夫に作ること。 そしてできれば軽く作ること。 ですね。

 まぁこと、「紙飛行機を良く飛ばす」ためには、経験上、設計を含む作り方&飛ばす調整の仕方&気象条件を把握すること。その棲めての経験値が高いこと・・・なんでしょうけど、このブログを見てくださっている、紙飛行機上級者の皆さんはどうお考えでしょうか?

 さてさて、 ラッカー塗装とどう関係してくるかと言いますと、この条件の中の、「丈夫に作ること」に関係するんですよね。

 なぜ丈夫に作るのかというと、もちろん壊れない為でもありますが、「紙」の特性上、熱や湿気、ぶつかったり触ったりすることで変形したりまがったりしやすい・・・という事があるからです。 逆にいうと、熱や湿気やぶつかったり触っても壊れない機体を作れば、飛ばすときの「調整」が省略出来て簡単になる・・・という事にもつながるのです。

 ですから、初心者の方には、めんどくさがらずに、ぜひともやっていただきたいのです。

 ラッカー塗装は、コレマタ経験上 スプレーでの塗装より、刷毛や筆等で塗装した方が良いです。 よく言われるのが、においがきつい塗料なので、スプレーだと あたりに飛び散って周りを汚したり、臭いをまき散らしたりしちゃうことがあり、一緒に暮らしているご家族の方々からのクレームがより厳しくなるという事もあります。

 また、筆やハケ塗りだと、1度での塗装で厚塗りが出来るし塗料が垂れてきた時に素早く修正もできます。 ・・・といった理由から筆やハケでの塗装をお勧めいたします。 (因みに、ラッカーとうすめ液との対比は、1対1ぐらいでやってます。 ラッカーの300 ml 瓶1本+うすめ液250 ml 1本、丸ごとドバっと。)

 ラッカーは乾くのが早いですが、それでもよーく乾かしてから(最低、1~2時間くらい)次の工程に入ってくださいね。 

 今回はキットを使用しますので、必要ありませんが、もしお持ちのキットに「折筋」が入っていなければ、この後、定規と千枚通し等を使って紙の表からと裏から、「折筋」を入れていきます。 裏側への折筋のトレス方法ですが、私の場合、表から谷折り線の両端2ヶ所に小さな穴をあけて裏側にトレスダウンして行います。

組立て! その1。

 さ~て、やっと組立てです! 気合入れていきましょう~! Oh~!

 まずは、↑写真のように、主翼部品を切り分けます。 ついでに「山折り」まで済ませておきます。

 この時、折筋の両端に部品があることに注意しておいてください。 この後、この主翼部品は、折り曲げて接着しますが、その時にこの部分に セメC (セメダインCのこと。 以下これで。)がつかないようにご注意を~!

組立て! その2。

 次に、コレを折り曲げて接着しますが、その前に、この部分だけ先にサンドペーパーでサディングしておきましょう。

 ↑ 道具のとこにもありましたが、写真のように、サンドペーパーを5㎜のスチレンボードに両面テープで貼りつけて専用のサディングの道具を作っておくと便利ですよ。 材料はこれまた¥100ショップで手に入りますからね。

翼のサディング

↑の図のように、主翼は、完成後に改めてサンドペーパーでサディングして断面を流線形に近い形にしていきますが、 この部分↑(ピンクの○ね。)は、接着&プレス後だとちょっとやりにくくなっちゃいます。 だから先に削っておくわけですね。

組立て! その3。

 んで。 接着。 ↑のように、2つの部品は切り離しておきます。 そして主翼部品の方は、この後プレスに入ります。

最低、1晩くらいはプレスしておいてくださいね。 念入りな方は、3日~1週間くらいプレスするようですよ~! (因みに、私はそんなに待てません!)

 んで、その「プレス」ってないってわけですが・・・、 ↓

組立て! その4。

 私がいつも使っているのがコンナノ。 カラーボックスなどにも使われている、「化粧板」付の棚板
ですね。 これまたホームセンターで入手可能です。 1枚でもOK。

組立て! その5。

 プレスする主翼部品がこの板にくっつかないように、上下に要らない紙など(新聞紙でもOK。)を数枚、挟んでおきます。

組立て! その6。

 その上に、これでもかっ! ↑・・・ってぐらいに重りを乗っけるわけですね。 

 因みに、乗っけるオモリは、昔は電話帳などって言ってましたが、最近はそういうの無くなってるのかな? あるけど、携帯の時代になって皆さんホントに忘れてる存在なのでは・・・! まぁそんなことは置いといて、何せオモリなんでなんでもヨカとです!

 んで、私は今回見栄はって「二の宮さんの紙飛行機集」にしてみました~!

組立て! その7。

 ・・・は~い! お話、ズレましたので、戻ってきてくださ~い! んで。 ↑ 主翼のプレスを待ってる間に、胴体周りを作っていきましょう。 まず、胴体になる5㎜ヒノキをサディングして木の「バリ」等を綺麗に落としておいてください。 

 そうそう! 更に・・・、出来るだけ材料には気を付けて選別しているつもりではありますが、この5㎜ヒノキ材、 ホームセンターで仕入れているんですが、結構ひん曲がってる不良品が多いんですよねぇ~! もしたまたま入っていたこのヒノキが曲がっていたらゴメンナサイ! その場合は、お近くのホームセンターで同じものを買うことをお勧めいたします。 もちろん、その時は木材をタテにして、曲がっていないかよ~く確認することをお勧めいたしますよ~!

 でも逆に、この自然に曲がっている木材を、うまく利用することもできます。 通常、右利きの人は左旋回に調整しますが、ラダーを切って調整しなくても、胴体の曲がっている方向を左旋回に合わせて組み立てると、最初からわずかに左旋回癖のついた機体が出来る・・・という事です。 もちろん、左利きの方は逆に右旋回に合わせて・・・というわけですね。

 更に・・・、 木材は、その場所や部位によってビミョウに比重が違う場合があります。 わずか20cmのこの木材も、全く同じ比重ってわけでは無いので、 ためしに中央の位置で釣り合うか確認してみてください。 この時、重い方を機首側にすると、その分機首側の重りを節約できるので、結果軽い機体が出来ますよ。 ほんのわずかな差ですがね。

組立て! その8。

 んで、 機首の部品を切り出すんですが、 当然、はさみでは切りきれない部分はカッターで切りますよね。 ↑その時ご注意を! 本当はハサミで切ってもあるらしいのですが、 こういった「バリ」のようなものが、カッターで切ると 出来てしまいます。

 このままですと、要らぬ空気抵抗になってしまいますので、 これまたサンドペーパーで削り落としておきましょう。

組立て! その9。

 ↑ こんな風に・・・ね。  他にも、カッターで切った部分は同じように処理をしておいてください。

組立て! その10。

 機首部品を切り終わったら、同じく機首の重り部品(主翼のトコにあったやつね。)も切り出して、↑写真のように、機首部品の中に接着します。

 セメCが乾く前にすぐに折り曲げて置いてください。 セメCを付ける前に、胴体と仮組しておくといいでしょう。 重りの部品を綺麗に切っていないと、微妙に干渉して胴体のヒノキと噛んでしまって接着しにくくなることがあります。 ↓

機首の作り方

 その場合は、↑の図のように、機種重り部品をわずかに細く切りなおして、修正してみてください。 

組立て! その11。

 次に、機首部品のフック周りの余分な部分を切り離します。 ↑ コレは、ヒノキ胴と接着した後でも構いませんが、そうなると少しやりにくくなるかもしれません。

組立て! その12。

 機首部品を、ヒノキ胴に接着します。 ↑ 写真のように、ヒノキの端材の角材などと、目玉クリップを使って接着剤が乾くまで仮止めしておきます。 机(カッターマット)にしっかり押し付けて、主翼接着部分に段差が出来ないように注意してください。

組立て! その13。

 横から見たところです。 ↑ 主翼接着部分に段差が出来ていませんか?接着剤が乾くと修正できませんので、乾く前に修正してくださいね。

組立て! その14。

 次に、フック部品を切り出して接着します。 ↑ 

組立て! その15。

 これまた、目玉クリップなどで乾くまで仮止めしておいてください。

組立て! その16。

 次は、水平尾翼の のりしろ部品を接着します。 さらなる軽量化をしたい方は、特に付けなくてもいいです。 ヒノキ胴に直接接着しても構いません。

組立て! その17。

 ココも、水平尾翼の接着面が平らになるように注意しつつ、乾くまで角材と目玉クリップで仮止めしておきます。

組立て! その18。

 水平尾翼の接着面が平らになっていますか? 主翼もそうですが、この部分が綺麗に平らになっていないと、翼の取り付け角が変わったり、変な方向へ曲がって飛ぶ飛行機にしかなりませんので、特に注意してください!

 どちらも接着材が乾いてからはみ出た接着剤などをサディングして削り取ったり、丸棒なのでかるくこじって平らに治すこともできます。

 ふぅうう~。 今日はココまで。 ちょっと長くなりすぎましたね。 次回は水平尾翼と垂直尾翼の取り付けから始まますよ~!



 そんなこんな。  では、ば~い!びぃ~!
別窓 | スタンダード・ワンの作り方。 | コメント:0 | トラックバック:0
| イロモノ紙飛行機-I出屋 |