The link at the date of the calendar is an entry.

にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ
にほんブログ村

トリさんヒコーキ組立てその3、完成!
2017-01-03 Tue 14:38
どもどーもー! Iで。 でございま~す!


 まずはお散歩、今朝の長崎はこんなお天気。 ↓

今日も、ヨカ天気バ~イ!

 昨日雨だった割には風も弱そうで、とってもいいお天気でした。 しまったなぁ。

組立て、その8。

 さてさて、トリさんを完成させなきゃね。 プレスしておいた主翼部品を取り出し、余白をカット、カッターのバリなどをサンドペーパーで削っておきます。  (後で調整の幅が広がるように、尾翼後ろ縁に写真のように小さな切込みを入れておくのもいいでしょう。)

組立て、その9。

 折り曲げは定規を使って丁寧に折り込みます。 中央の谷折り部分は、余白を切り落とす前にやっておく方がより丁寧できれいに仕上がるでしょう。

組立て、その10。

 胴体もプレス終了後ははみ出た接着剤や段差などをサディングできれいに削って整えておきます。 そして主翼に接着。↑
接着部分は、ペンチなどでしっかり圧着してください。 そして・・・、

組立て、その11。

 例によって、↑のように、ヒノキ板の端材などを利用してしっかりはさんで乾かしておきます。 コレをやっておくと、より主翼の歪みが出にくくなるでしょう。

組立て、その12。

 良く乾いたのを確認できたら、仕上げのラッカー塗装です。 乾いたら600番以上のサンドペーパーで表面のざらつきをよくならして、再度クリアラッカーを。 最初のと合わせて、最低3度以上塗装することをお勧めします。

 もちろん、3度目の塗装が終わってしっかり乾いた合呂には最後のサディングもお忘れなく~!

組立て、その13。

 よ~く考えてみると当たり前のことではありますが・・・、ワタクシ、最近気付いたんですが、尾翼の折り曲げ補強のゼメCのイモズケ、やはりラッカー塗装の前より後がイイですね。 塗装の前にやると、折角乾いたセメCが弱くなってしまうことが多いようです。

 ので、改めて。 

 ラッカー塗装完了(十分に乾いたのを確認してから)後に、尾翼の折り曲げ部分にセメダインCを爪楊枝でイモズケ、補強します。 (上下、両面ですよ~!)もちろん、この時はクランプ等で胴体を挟んで尾翼が地面につかないようにして乾かしましょう。

上半角はこのくらい・・・。

因みに、上半角&尾翼の角度はこれくらいで~す!

スポンジつけたら、完成っ!

 最後の最後、機首の安全ゴムスポンジをつけたら完成です。 お疲れ様でした~! 調整はホチ機の調整方法と同じく、無尾翼機の調整方法が基本です。 では、頑張って飛ばしてみてくださいね~!



 そんなこんな。 明日はコイツを飛ばしに行ってみようかなぁ。 では、ば~い!びぃ~!
スポンサーサイト
別窓 | 年賀状ヒコーキ、「トリさん」の作り方! | コメント:0 | トラックバック:0
初夢見れました? トリさん その2、続きで~す。
2017-01-02 Mon 15:41
 どもどーもー! Iで。 でございま~す。


 皆様、年賀状届きましたでしょうか?そして、昨日までの準備はOK? では、早速続き、行きますよ~!

組立て開始~!

 まずは、↑のように主翼部品と胴体部品を切り分けます。

組立て、その2!

 主翼裏に貼る補強部品を綺麗に切り落とし、(前縁の余白部分はプレス後に重ね切りするので残す。)一度表革から綺麗に重ねて位置を確認します。

 翼端の尖った部分(解りやすいポイントで構いません。)に千枚通しで小さな穴を開けて、ウラから貼るときのガイドにします。

組立て、その3!

 ↑こんな感じで裏側に補強を接着します。 解りやすくするために、中央線もトレスして鉛筆などで書き加えておくと、作業しやすくなります。 又、コレをやっておくことで、より正確に作ることも出来ますよ。

 その後、最低一晩以上、平らな板の上に電話帳等で挟んでプレスしておいてください。 丈夫できれいな主翼が出来ます。

 逆に言いますと、コレをやっておかないと、後で調整(又は飛ばすときに。)するときに、主翼の変形が原因で調整が大変だったり、最悪の場合まともに飛ばないヒコーキになってしまうかもしれません。

 ので、是非しっかりプレスしておくことをお勧めします。

組立て、その4!

 お次は胴体です。 ↑のように切り分けます。 胴体の主翼ののりしろ付の部品は↑のように余白を利用しつつ折り曲げておきます。 こすることで折り曲げやすく、かつ きれいに折ることが出来ます。

組立て、その5!

 次に、それぞれを綺麗に切り分け、写真の番号の順番(グレーの色の濃い方が内側。)でそれぞれ接着していきます。

 (ゴムフックの部分は、わざと余白を残しておいて、胴体をすべて接着、乾いた後、カッターで切り出した方がきれいに出来るかもしれません。)

組立て、その6!

 胴体部品をすべて接着するとこうなります。 ↑

組立て、その7!

 胴体も↑のようにヒノキ板の端材などに挟んで、一晩ほど圧着しておきます。

 さてさて。 プレスの工程があるので、今日はココまで。 続きはまた明日です。



 そんなこんな。 今日は初飛ばしに行ってきたので、又後程更新いたしま~す! では、ば~い!びぃ~!
別窓 | 年賀状ヒコーキ、「トリさん」の作り方! | コメント:2 | トラックバック:0
あけおめ!ことよろ~! &アレやりますよ~!
2017-01-01 Sun 16:13
 新年あけまして、おめでとうございま~す! Iで。 でございま~す!


 皆様、昨日は紅白観ました? 私は毎度そうですが、格闘技の番組など、他の局の方もチャンネル変えつつ・・・・でしたよ。

さてさて。 元旦の今朝の長崎はこんなお天気。 ↓

あけおめことよろ―!

 ヨカ天気です。 そして結構暖っかいんです。

 ではでは、毎年恒例のアレを始めましょうかねぇ~!

ハガキ→A5ケンランに拡大コピーね。

 まずは準備の作業からね。 年賀状の方は、そのまま作ると小さすぎるし、強度も心配なので、A5サイズ、横目(狭い辺に強度が強い方向です。)のケンランボード180㎏に拡大コピーすることをお勧めします。

ラッカー塗装を1回ね。

 準備その2。 ラッカー塗装。 もちろん、表も裏も、ですね。 完成後にも、2度ほど塗装するのが Iで。 流です。

表から折筋を。

 ラッカーが乾いたら、 折筋を入れます。 定規で焦らず丁寧に。 老眼鏡もお忘れなく・・・!?

裏側は・・・、

 裏側の折筋(表から見て谷折りの部分ね。)は、表側の折り線の両側に千枚通しで小さい穴を変えて裏側にトレスします。

 ・・・と、今日はココまで。 今年のヤツは、去年のおさるとほぼ似たような作りなので、図面を見て作り方がお分かりの方は、どんどん進めて頂いても構いませんよ~! まぁ でも、明日又続き、やりますね~!

 業務連絡!? 名古屋のN井様~!メール見てねぇ~! お返事待ってますよ~!


 そんなこんな。  お天気良いし、飛ばしにも行きたいよなぁ。 では、ば~い!びぃ~!
別窓 | 年賀状ヒコーキ、「トリさん」の作り方! | コメント:0 | トラックバック:0
| イロモノ紙飛行機-I出屋 |