The link at the date of the calendar is an entry.

にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ
にほんブログ村

立体胴紙飛行機、X-2心神の作り方 その3。
2016-05-30 Mon 16:06
 どもどーもー! Iで。 でございま~す。


 さてさて、早速心神の続き、行きますね~!

心神組立23

 昨日作っておいた垂直尾翼を、表側ののりしろガイドの位置に接着します。 ココで特に注意しないといけないポイントが、当たり前ではありますが、胴体の中心線に対して平行に、もちろん、左右対称に綺麗に接着しないといけないというコトです。 

 上から見て、ハの字になったり、逆ハの字になったりすると、かなり抵抗が大きくなるし、どちらか寄りに曲がって右旋回癖や左旋回癖がついてしまうとこれまた調整が大変になります。

 また、内側にエンジン部分の丸めた紙が挟まるような形で接着することになるので、左右に押し広がる力が加わります。 なので、それに耐えられるよう、ペンチやプランプなどを利用して、しっかり圧着してしっかり乾かしてください。 

心神組立24

 エンジン部分の蓋をつける、のりしろを折り曲げておきます。 しっかり垂直に折り曲げておかないと、コレマタあとで接着する際、やりにくくなるのでご注意ください!

心神組立25

 次に、胴体上面部品を接着します。 先ほど垂直尾翼の部分で説明しましたように、推移直尾翼に挟み込むような形になりますので、必ず何度か仮組をして確認しつつ、接着するようにしてください。

 又、インテイク部分は写真のように↑マスキングテープで仮止めしておき、 両側ののりしろ部分をこれまた写真のように↑ヒノキ板などで上下から挟んでしっかり圧着して乾かしてください。  ココも、しっかり乾かすために、2~3時間ほどこのまま押さえておいた方がいいでしょう。

心神組立26

 1時間ほどしたら、インテイク部分のマスキングテープを取って、機首上面を接着します。 これまた写真のように↑マスキングテープでしっかり押さえておきましょう。

心神組立28

 乾燥待ちの間に、残りの部品、エンジンの蓋部品と視力変更パッド部分を組み立てていきます。

 非常に細かい部品なのでココは気合を入れて辛抱強くカットしていきましょう!? 特に気の短い方は、この作業をする前に、トイレ、一服等を済ませておくことをお勧めします・・・!!??

心神組立29

 推力変更パッドは蓋部分にイモ付けしますので、接着面を増やす&強度UPのため、内側にも補強を入れます。 この工程はピンセットで行うことをお勧めします。 メンドクサイ方は、内側の補強は入れなくても結構ですよ。 接着できれば良いので・・・。

心神組立30

 エンジンの蓋はココに接着します。 ココもピンセットで付ける方がいいでしょうね。 ↑写真のように中央の凹み部分は、乾くまでコレマタ、マスキングテープを5㎜幅ほどに切ったもので仮止めしておくといいでしょう。

心神組立31

 機首の上面部品の接着が確認できましたら、キャノピー部品を接着します。 キャノピーの接着部分(フチ)は、あらかじめ断面がΩ型になるように、1~2㎜の太さの丸棒(千枚通しの先端など)を押し付けて、曲げ癖をつけておきます。

心神組立32

 ↑写真のように乾くまでマスキングテープで仮止めしておきます。

心神組立33

 フタ部分がしっかり接着できたら、推力変更パドルを接着します。↑

心神組立34

 こうなります。↑ 後ろから見ると、逆三角形になるように接着ですね。

心神組立35

 胴体上面がしっかり乾いたのを確認した後で、インテイクの側面の余白を切り落とします。

心神組立36

 同じ大きさの定規や平ペンチなどを使って↑写真のように主翼と尾翼にそれぞれ上半角と下半角を付けていきます。 どちらも5~10度ほどの軽いものでOKです。

心神組立37

 仕上げにラッカーを2度ほど全体に塗装&600番以上のサンドペーパーでサディングします。

心神組立38

 ラッカーが乾いたら、機首に安全ゴムスポンジをつけて、主翼に軽いねじり下げとキャンバーをつけたら完成で~す!

 お疲れ様でした~! (ただし、キャンバーやねじり下げはテスト飛行しながらつけていく方がモアベター!?です。)



 そんなこんな。 ピンクゴムで垂直上昇させると、(上手くいけば)15~20秒飛んでくれますよ~! では、ば~い!びぃ~!
スポンサーサイト
別窓 | Iで。判、X-2、心神!の作り方! | コメント:0 | トラックバック:0
立体胴紙飛行機、X-2心神の作り方 その2。
2016-05-29 Sun 15:44
 どもどーもー! Iで。 でございま~す。


 今日の長崎も昨日に引き続きこんな空模様。

結構降ってます。

 まぁ、絶好の制作日和・・・ってことで、心神続き、いってみよ~~! 

心神組立7

 主翼のプレス待ちの間、そのほかの部品を仕上げていきます。 まずは、機首部品↑から。 

 のりしろ部分も合わせて、丸棒などで曲げ癖を付けながら、切り出します。

心神組立8

 切り出しました。 この後、裏側からのりしろを貼って接着していきますが、仮止め様の目玉クリップ(マスキングテープでも可。)を用意しておきます。

心神組立9

 すると、コンナ感じになります。↑ あとで胴体に接着するときに、力が加わって剥がれることもありますので、しっかり圧着&接着してよ~く乾かしておいてください。

心神組立10

 同じく機首部品下面の部品と、本体に接着するときの、のりしろも合わせて切り出します。

心神組立11

 ココも、切り出しながら折り曲げも合わせて行っていきます。 機首下面も上面と同様、のりしろを裏から接着して・・・

心神組立12

 目玉クリップで仮止めし、よ~く乾かしておきましょう。

心神組立13

 機首部品上下の接着が乾いたら、本体用ののりしろもそれぞれ裏側から写真の様に↑接着しておいてください。 本体の厚みを考えて、僅かに内側にオフセット差せるように接着するのがコツです。

心神組立14

 上下胴体部品を切り出し&折り曲げまでしておきます。 細かい部分は、余白を利用しつつ折り曲げて、降り癖をつけた後にカットすると綺麗に折り曲げることが出来ますよ。

 胴体下側のグリップを差し込む切り込みを忘れないようにしましょう! その時、千枚通しで、内側から軽く押し広げておくと接着強度が上がります。

心神組立15

 上下とも、エンジン部分の丸みを、丸棒などでしっかり曲げ癖をつけておきます。 ココもしっかり丸みを付けておかないと、あとで主翼の方に引っ張りの負担がかかって変形の原因になってきますので、少し強めに曲げ癖を付けておいてください。

 その後、下側胴体のインテイク周りを接着、目玉クリップで仮止めし、よ~く、乾かします。

心神組立16

 次に、垂直尾翼を切り出します。

心神組立17

 切り出した垂直尾翼は組立て合あとだとサディングしにくくなるので、このタイミングでしっかりエッジを磨いておきましょう。
因みに、この工程はこの後の胴体を接着した後でも構いませんよ~! 

心神組立18

 胴体と機首下面にグリップとゴムフックをそれぞれ接着していきます。

心神組立19

 ↑のように接着します。 グリップは内側からセメダインCをイモ付けしておくと強度が上がります。

心神組立20

 プレスしておいたメイン主翼部品を切り出し&肉抜き軽量化&エッジのサディング・・・までしておきます。

心神組立21

 胴体下面と機首下面を接着します。 インテイク部分にはマスキングテープなどを使って仮止めしておくといいでしょう。

 この直後、↑写真のようにヒノキ板などを使って接着剤の引っ張りによるメイン主翼面の変形を抑える作業をしておきます。

心神組立22

 ↑写真のようにヒノキ板やスチレンボード等で高さを合わせてさらにその上からマンガ本などのウエイトでしっかり押さえて半日ほどプレスしておきます。

 都合のいいスペーサーが無い場合は、ヒノキ板4枚を左右上下から挟んでクランプなどで押さえておく形・・・でも構いません。
主翼の変形が防げるようにして乾かせればOKです。

 この工程はこの手の飛行機ではかなり大切な作業ポイントです。 この工程をしっかりしておかないと、主翼にネジレが出来て、真直ぐ飛ばないヒコーキが出来てしまい、調整でも修正できず全然飛ばないヒコーキが出来てしまうことになりますので、きっちりプレスしておいてください。

 今日はココまで。 次回は垂直尾翼&胴体上面からの組立てです。



 そんなこんな。 F-22の時の作り方も参考にしてくださいね~! では、ば~い!びぃ~!
別窓 | Iで。判、X-2、心神!の作り方! | コメント:0 | トラックバック:0
立体胴紙飛行機、X-2心神の作り方 その1。
2016-05-28 Sat 14:30
 どもどーもー! Iで。 でございま~す。


 今日の長崎は朝から小雨が降っています。

雨ですね~。 作りますかね。

 長崎では明日も雨のようで、工作日和ってトコですかね。 って~わけで、心神作っていきましょう~!!!

まずは準備からね。 組立準備1

 まずは準備からです。 型紙2枚の裏も表も、1度づつ、ラッカーで塗装しておきます。

 今日の様な雨降りの日で無ければ1~2時間もあれば乾くと思います。 ラッカーの塗装はガッツリくさ~くなるので、特に換気には気を付けて作業してくださいね。 もちろん火気厳禁ですよ。 

組立準備2

 しっかり乾いたのを確認できたら、次は折れ線に合わせて、おり筋を入れていきます。

 基本的に、青の点線山折りで表から ・・・、

組立準備3

 ・・・赤の一点鎖線谷折りなので、裏側から千枚通しと定規を使って折筋を入れていきます。 裏側へは写真の様に↑線の両側に千枚通しで小さな穴をあけてトレスダウンしていきます。

ココから組立てに入りますよ~! 心神組立1!

 さてさて、ココから組立てです。 基本的には、私の設計のF-22や、エーテル・ワンを作ったことがある方なら似たような工程になりますので、解る部分から始めて頂いて構いません。 道具も同じようなものを使用していきます。

 例・・・ セメダインC、カッター、ハサミ、定規、 千枚通し、爪楊枝、 ピンセット、サンドペーパー(5㎜のスチレンボードに付けたものが使いやすいです。 240番~600番くらい。)、ペンチ(ギザギザのないもの)、3~10㎜サイズの丸棒数本、目玉クリップ又はクランプ等を数個、3㎜厚×15㎜×150~200mmサイズのヒノキ板数枚・・・、などなどです。 

 こういった工作をしている方ならほぼ身近にあるのではないかとは思いますが、こういった道具が無い方&初心者の方、は是非準備して臨んでください。 特に、後半の工程で、ヒノキ板があるのと、ないのとでは、完成後の飛行性能に、かなりの影響が出ると思います。


 さてさて。 まずは↑写真の様に主翼部品2つを切り出します。 特に、裏打ちの切り出しは、間違わないようにご注意ください!

 カッターを使用した場合は、「バリ」が出来てしまいますので、サンドペーパーでしっかり「バリ」を削っておきましょう。

心神組立2

 2枚をセメダインCをたっぷりと付けて貼り合せます。 事前に、裏面に中央線と前後の先端だけでもマークを入れておくと綺麗にそろえやすくなりますよ。

 ローラーなど(瞬間接着剤の陽気などでもOK!)で、空気と余分なセメダインCを絞り出して、綺麗に取り除いておきます。 その後、平らな板で挟んで、重り (電話帳、マ〇ジン、サ〇デー、ジャ〇プ等でも可。) を載せ、約1日ほどプレスしておきます。

心神組立3

  さて、次はコレ。↑こちらもプレスが必要な部品です。 まずは写真のように切り出し・・・余白を利用して折り曲げも合わせて行います。

心神組立4

 フック部品の補強、⑬を先に接着し目玉クリップで仮止めしておきます。

心神組立5

 ⑬が接着できたら、⑭の内側へ接着、同じく目玉クリップで仮止めしておきます。 グリップ部品⑤も↑のように組立て&仮止めしておきます。

心神組立6

 目玉クリップでそのまま仮止めしておいても構いませんが、↑の様にヒノキの板で挟んでおくのもいいでしょう。

 今日はココまでです。 次回は胴体の組み立てに入っていきます。



 そんなこんな。 次回もお楽しみに~! では、ば~い!びぃ~!
別窓 | Iで。判、X-2、心神!の作り方! | コメント:0 | トラックバック:0
| イロモノ紙飛行機-I出屋 |